元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんが92歳で死去 悲しみの声相次ぐ

元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんが92歳で死去 悲しみの声相次ぐ

元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんが92歳で死去 悲しみの声相次ぐ

(mizoula/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

29日、国連難民高等弁務官やJICA(国際協力機構)理事長を歴任した緒方貞子さんが、92歳で死去したことが報じられた。


■曽祖父は犬養毅元首相

報道によると緒方さんが死去したのは、22日。緒方さんは犬養毅元首相を曽祖父に持ち、父親は外交官。1927年に東京に生まれ、幼少期は海外で過ごし聖心女子大学卒業後アメリカに留学。

ジョージタウン大学で国際関係論修士号を、カリフォルニア大学バークレー校で政治学博士号を取得後に、国際基督教大准教授や上智大教授を歴任した。


関連記事:熊本市議が「のどあめ舐めながら質疑」で懲罰に 行き過ぎた市議会の対応に疑問の声

■日本人初の国連難民高等弁務官

1976年には日本人女性初の国連公使となった緒方さん。1991年には日本人初、さらには女性初の国連難民高等弁務官に就任。世界の紛争地域を訪れ、難民の救済活動に当たっていた。

2003年にJICA理事長に就任、復興支援の迅速化に取り組んだ。2012年にJICA理事長を退任。その後はJICA特別顧問を務めた。さらに2003年には、国際協力をけん引してきたことが評価され文化勲章を受章している。

■森まさこ参議院議員も追悼

参議院議員の森まさこ氏は、自身の公式ツイッターに2014年に撮影した緒方さんとの思い出の写真をアップ。NY大学で勉強中に緒方さんに励まされた思い出を語っている。

「緒方貞子さんご逝去の報に接し大変悲しく、心よりご冥福をお祈りします。」という追悼の言葉を添えた。

緒方貞子さんご逝去の報に接し大変悲しく、心よりご冥福をお祈りします。緒方さんが国連難民高等弁務官をなさっていた当時、私は緒方さんと同じアパートに住んでおり、0歳の娘を抱えながらNY大学で学ぶ私を励ましてくださいました。大臣時はJICAでお世話に。写真は’14年国連のイベントにて。安らかに… pic.twitter.com/cht4pG3Pm8

— 森まさこ (@morimasakosangi) October 29, 2019


■「日本人として誇りに思う」という声

緒方さんの訃報を受けて、ネット上には悲しみや追悼の言葉が多数く寄せられている。

「日本人として誇りに思う」といった趣旨のコメントや、「憧れの女性が亡くなられた」という悲しみの声、さらに「過去に授業を受けたことがある」という人物からの感謝の声も見受けられた。

(文/しらべぇ編集部・星子)

関連記事(外部サイト)