上京後に入った芸能養成所で詐欺被害 歌手・ゆきこhrが今に感謝する理由

上京後に入った芸能養成所で詐欺被害 歌手・ゆきこhrが今に感謝する理由

上京後に入った芸能養成所で詐欺被害 歌手・ゆきこhrが今に感謝する理由

双方向コミュニケーション仮想ライブ空間『SHOWROOM』の「しらべぇ独占インタビュー獲得オーディション!」で、歌手のゆきこhrが見事に権利を勝ち取った。

『SHOWROOM』視聴者に「絶対的」と言わしめる存在の彼女に、歌手になるまでの道のり、来年2月11日に行われる単独ライブにかける思いについて話を聞いた。


■宮崎なまりがキュート

―――ゆきこの後ろに付いた「hr」とは、どのような意味なんですか?

ゆきこ:名字の略なんです。本名だと、他にも同じ名前の方がたくさんいらっしゃるので、絶対に被らないであろう「ゆきこhr」にしました。


―――なるほど! スッキリした方も多いと思います。宮崎なまりも特徴的ですよね。

ゆきこ:最初は標準語で頑張ろうと思ったんですけど、イントネーションを訂正されることが多くて。だから、逆に強みにしようと思って、ライブ中のコール&レスポンスも宮崎弁でするようにしています。


―――どんなコール&レスポンスなんですか?

ゆきこ:「やっちょんな!? やっちょっよ!」です。「何?」って感じですよね(笑)。最初はみんなポカーンでした。「元気でやってる?」という意味で、宮崎のじいちゃん、ばあちゃんが使っているような言葉です。


関連記事:ボーイズグループ「CUBERS」 現役大学生の末っ子・優とアイドルオタク・9太郎に迫る

■「養成所でダマされたんです」

―――現在は東京で活動されているわけですが、歌手になるために上京されたんですか?

ゆきこ:芸能活動に興味があったので、就職のタイミングで上京しました。もともと女優になりたくて。


でも、18、19歳で受けられるオーディションが当時少なくて、1年後に会社を辞めて、養成所に入りました。そしたら、ダマされてたんです…(笑)。


―――ダマされてたんですか!?

ゆきこ:その養成所では、デビューをかけた公開オーディションが3ヶ月に1回行われていたんですけど、そこに参加していた審査員が全員、サクラだったんです!


―――ひどい…。よく気がつきましたね。

ゆきこ:当時、エキストラ会社に登録していたんですけど、その会社から、私が受けるオーディションの募集が流れてきたんです。証拠を出して、お金を取り戻せたから良かったですけど、散々でした。


でも、素敵な出会いもあって、派遣で養成所に教えに来ていたボイストレーナーの先生には、すごくお世話になりました。「あなたは女優よりも歌のほうが向いてる」って、歌手になるきっかけをくれた方で、養成所を辞めるサポートもしてもらいました。

■2万円を払ってライブに出演

―――今はワンマンライブで200人のお客さんを集客できるゆきこさんですが、当時は全くファンがいなかったとか。

ゆきこ:ノルマ分のチケットもさばけなくて、毎回2万円くらい払ってライブに出ていました。


―――そのときにSHOWROOMを始めたんですか?

ゆきこ:はい。この先の道が見えないと思っているときに、先輩から「配信してみれば?」と勧めてもらって始めました。そこで初めて応援してくれるファンができて、その1年半後のワンマンライブには、200人のお客さんが来てくださって。


私、これまでの人生で何かを続けられたことがなくて、こんなに熱中してできたのは歌とSHOWROOMが初めてなんです。


ファンの7割くらいがSHOWROOMで出会ってくれた方で、音楽活動を始めてから今までで一番嬉しかったことは、応援してくれる人が本当にたくさん増えたことです。


■今が当たり前じゃない、と思える

―――これまでの活動を思い返して、一番苦しかったことは?

ゆきこ:ノルマを払いながらライブに出ていた時期は、本当につらかったです。ノルマを払うために働いて、ライブに出て歌っての繰り返し。音楽にかけられる時間も少なくなってしまって。


―――アルバイトをいくつも掛け持つみたいな感じでしょうか?

ゆきこ:電話営業、レストラン、パチンコ屋さん。工場作業、工事現場のガードマンもやっていました。親に仕送りもしていたので、全然寝る暇もないくらい働いて。交通費も節約して、基本的には徒歩で移動していました。


―――仕送りまでされていたんですね…。

ゆきこ:でも、あのときがあって良かったです。音楽で収入を得られるようになって、次の道が見えるようになりましたが、これはファンの方が応援してくれるからこそ。今が当たり前じゃないな、と。


―――支えてくれるのはありがたいってなりますよね。

ゆきこ:ヤバい! 泣きそう!(と言いながら、大粒の涙を流すゆきこhr)。すみません、ティッシュください(泣)。

■川崎CLUB CITTAを選んだ理由

―――来年2月11日には、川崎CLUB CITTA’でワンマンライブ。キャパ500人の挑戦になります。

ゆきこ:私が初めて路上ライブをした場所が川崎で、ライブの設営をされている方に声をかけてもらって、今でも毎月歌わせてもらってるんです。お客さんがいなくて、この先続けられるかわからないと思っていたときも毎月。


私よりもずっと年上の方たちがテントを運んだり、フリーライブの会場を毎回作ってくれたりして。その方たちにステージを見てもらいたいという想いがあって、川崎を選びました。


500人という数字は私にとって無謀な数なんですけど、簡単にクリアできる数字を目指すんじゃなくて、届かなくてもいいからその先にいけるかもしれない目標にチャレンジしたくて。


■何かが変わるわけではないけど

―――では最後に、この記事を読んで、ゆきこさんを知った人とこれまで支えてきてくれたファンにメッセージをお願いします。

ゆきこ:まずは、記事を読んでくれてありがとうございます。きっと知らない歌手のライブに行ったり、配信を観たりすることは抵抗があると思うんですけど、私が歌っているところを一度観てほしいです。


ゆきこhrの歌を聴いて、何かが変わるわけではないかもしれないけど、この子のライブを観て良かったと思ってもらえる自信はあります。


いつも応援してくれるみんなには、頑張っていることが結果につながらないことのほうが多いんですけど、これから先、絶対につなげていくから、これからもよろしく…。ダメや、また泣いちゃいます(泣)。

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人)

関連記事(外部サイト)