張本勲氏、東京五輪マラソン・競歩の札幌開催に怒り 「ふざけんなと思う」

張本勲氏、東京五輪マラソン・競歩の札幌開催に怒り 「ふざけんなと思う」

張本勲氏、東京五輪マラソン・競歩の札幌開催に怒り 「ふざけんなと思う」

3日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が2020年に開催される東京オリンピックのマラソン・競歩を札幌開催とすることを決定したIOC(国際オリンピック委員会)に苦言を呈した。


■IOCに苦言

番組では東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に変更された話題を紹介。張本勲氏はこの件について、

「スポーツ選手としたらね、ふざけんなと思いますよ。人の国でね、あっちやれ、こっちやれ、といわれたらね『何を言っとるのか』と」


と怒りをにじませる。そのうえで、

「経費の問題をどうするのか。経費ホテル、こんなもんどうしてくれるの。アメリカとね、IOCに請求すればいいんですよ。アメリカのために7月、8月の期間でやるようになったんだから。アメリカの放映権がね、莫大に入るんだからね。この2つに請求したらいいんですよ」


と苦言を呈し、「札幌のファンは喜ぶでしょうけどね、都民はどうするの。色んな問題が生じてきますよ」と問題提起した。


関連記事:HKT・村重杏奈、東京五輪マラソン札幌開催に「マジ、ヤバりんごパークだな」

■斎藤雅樹氏は「切り替えてやるしかない」

一方元読売ジャイアンツ投手で、球界屈指の人格者といわれる斎藤雅樹氏は、

「急に変わって、今まで準備してきた人には大変申し訳ないですけどね、まあ選手はもう切り替えてやるしかないわけですから」


と大人のコメント。張本氏は

「軽井沢だって今年32℃いうのがあったから、1000メートルの頂上で。ですからね、(小池)知事と森(喜朗)先輩が頑張ってくれなきゃ」


と再び苦言を呈した。

■ネットの声は賛否両論

東京オリンピックのマラソン・競歩の札幌開催を決めたIOC、それを許した小池百合子東京都知事と森喜朗オリンピック・パラリンピック組織委員会会長に苦言した張本勲氏。

この発言に「これは正論だと思う」「アメリカのテレビ放映権料が絡んでいることに言及した人はほとんどいない。評価したい」など、賛同の声が上がる。

一方で、「費用はIOCが持つと言っている。よく確認して欲しい」「選手のための措置。批判するのはおかしい」「選手ファーストで考えていない」などの、批判もあった。


■斎藤雅樹氏が現実的?

マラソンと競歩の札幌開催は、今年ドーハで行われた世界陸上で深夜開催にもかかわらず酷暑を理由に棄権者が相次ぎ、開催を決めた国際陸連に世界から批判が集まったことが、決断に至った大きな理由といわれている。

東京の意を汲むことなく決めてしまったことに苦言を呈する張本氏の怒りに賛同の声も多数上がったが、一方で選手を第一に考えた措置であることもまた事実だ。

「暑さ対策」という理由がある以上、暴挙とは言えない札幌開催。斎藤雅樹氏のいうように、決まったことに対して切り替えてやるしかないのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)