元ホークス・斉藤和巳氏 四度の開幕投手は「緊張しかなかった」

元ホークス・斉藤和巳氏 四度の開幕投手は「緊張しかなかった」

元ホークス・斉藤和巳氏 四度の開幕投手は「緊張しかなかった」

3日、「eBASEBALL プロリーグ 2019シーズン ローソンeオープニングシリーズ」が開幕した。


■開幕投手を四度経験

解説には、かつて福岡ソフトバンクホークスで活躍した斉藤和巳氏が登場。自身は2003・04・06・07年と四度も開幕投手を務めた。なかでも、初めての03年は現在でも鮮明に覚えているという。

「初めて開幕投手を務めた、2003年は今でも鮮明に覚えている。緊張でしかなかった。2・3回目も緊張感はあったけど、初めてのときは予測がつかないことが多いので」


関連記事:『サンデーモーニング』張本勲氏 青木宣親の投手登板「草野球じゃない」と猛批判→炎上

■自身もパワプロでプレイ

同リーグは、家庭用ゲーム「パワプロ」を用いたリーグ戦。自身も20代前半の頃にはパワプロをプレイしていたのだそう。

「20代前半まではずっとやってて、思い入れのあるゲームの一つ。自分が当時やってたときよりかなり高度になってて、驚きでしか無い。ホークスでプレイしてたけど、いろんな選手を入れながら新しいチームを作ったときもあった」


■「緊張感はあったけど…」

斉藤氏が緊張感であふれていたと振り返るなか、東京ヤクルトスワローズOBの真中満氏は「緊張はあった」としつつも、このように述べた。

「開幕スタメンは嬉しいけど、緊張感があるからドキドキして…。ただ、プレー中は最初の頃ふわふわしてて、よく覚えてないという状況でした」

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝)

関連記事(外部サイト)