『月曜から夜ふかし』タクシー運転手の逆クレームに賛否 「乗りたくない」の声も

『月曜から夜ふかし』タクシー運転手の逆クレームに賛否 「乗りたくない」の声も

『月曜から夜ふかし』タクシー運転手の逆クレームに賛否 「乗りたくない」の声も

4日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で取り上げられた「タクシー運転手からお客さんへの逆クレーム」が物議を醸している。


■タクシー運転手が客に逆クレーム

「お客さんへの逆クレーム」を聞かれた中高年のタクシー運転手。目的地到着時、会計中に「先にドアを開けてほしいと頼む客」が迷惑だと話す。その理由について、

「同時にできねえよって。そりゃね、金額が高ければいいですよ。410円の客にそんなの言ってらんねえって。『早く降りるから』って言われても。そんなに急いでるなら歩けよって」


と夜ふかしスタッフに対し、日々の鬱憤を晴らすかのように話した。


関連記事:【男女228人】なぜタクシー運転手は客に不景気を嘆くの? 客はこんなに怒ってます!

■「美味しい店は知らねー」

さらに運転手は、目的地についた瞬間、「この辺に美味しいお店ないですか?」と聞いてくる客も迷惑だと話す。その理由については、

「知らねえよ。知らねー。だいたい運転手はコンビニでご飯を食べるんで。そりゃね、西麻布の叙々苑とかそういう有名な店なら知ってますよ。言ったことないけど」


と笑う。この正直すぎる中高年タクシー運転手の発言に、マツコ・デラックスは大爆笑。どうやら、共感する部分があったようだ。

■運転手の逆クレームに賛否両論

良くも悪くも包み隠さず「お客さんへの逆クレーム」を語った中高年のタクシー運転手に、視聴者の反応は賛否両論。

「めっちゃ分かる」「なんでタクシー運転手が美味しい店に詳しいみたいになっているのかと思っていた」など、肯定的な意見もあったが、「正直に言い過ぎ」「美味しい店に詳しいタクシー運転手もいるのでは」「テレビで客にクレームを言ってしまうタクシーに乗りたくない」という「クレーム」も散見された。


■タクシーが好きではない人は多い

タクシーは自動車という密室で見知らぬ人間が時間を共有するだけに、事件などのトラブルや今回のような「イラッとする出来事」が発生してしまいがち。

そんなことから、タクシーに苦手意識を持つ人は一定数存在。しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名に実施した調査ではじつに55.7%が「タクシーに乗るのがあまり好きではない」と回答している。

料金が高いことが大きいのだろうが、一部には「密室で2人になりたくない」「運転手が怖い」という声があることも事実。また、運転手側も様々な場面でストレスを感じているようだ。

サービス従事者の運転手はもちろん、客もお互いが気分良く時間を過ごせるよう、一定の配慮が必要なのではないだろうか

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の男女1,732名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)