Gカップグラドル・川島愛里沙 衝撃の特技は「唐揚げ50個食い」

Gカップグラドル・川島愛里沙 衝撃の特技は「唐揚げ50個食い」

Gカップグラドル・川島愛里沙 衝撃の特技は「唐揚げ50個食い」

お祝いの言葉を伝えに本人にインタビューを実施したところ、意外な特技が明らかになる結果に…。


■舞台を無事に完走

グラドルとして活動する前から、度々舞台に出演していたという彼女。インタビュー時には舞台『地球防衛レストラン 最終章 〜皆仲良く 伝統の味を〜』の出演を控えていた。

川島:今作はレストランの話なんですけど、SFテイストになっているんです。大怪獣が襲ってくるのを料理で救うっていう内容になってて、私はキツネの巫女の役ですね! 現実味のないSFの物語をどう表現するのかっていうのを、実際に舞台で見届けてみてほしいです。


「セットは椅子だけ」というステージで、SFの世界を表現した作品。無事に完走できたようだ。

#地球防衛レストラン
無事終演しました!!
ほんとに素敵な作品、出演者、スタッフさん、関係者の方々、ファンの方に出会えました。
ほんとにありがとうございました?!

7回のお払い、無事できましたー????

ハッシュ役 川島愛里沙 pic.twitter.com/dfNN2ONWv9

— 川島愛里沙 (@onikuarichan) November 4, 2019

ちなみに同じ事務所の樹智子とは初共演となったそう。

川島:初めて樹さんとお仕事一緒になったんです。見た目はしっかりしててクールな方かなって思ってたけど、稽古場とかで話すと意外と天然さんで…(笑)。でも、今回の舞台で仲良くなれて嬉しいです!


関連記事:「世の中にエロを振りまきたい」 グラドル・愛場れいらの誘惑テクがやばすぎた

■グラドルのきっかけは「ミスFLASH」

グラドルの登竜門でもある『ミスFLASH2019 』に、初参戦ながらファイナリストにまで残った実績を持つ彼女。しかし、グラビア歴としては1年半と、まだまだ新人の域だ。

川島:ミスFLASHを受けて「DVDを出してみたい」「本格的にやっていきたい」って思ったのがグラビアを始めたきっかけです。ファンを増やすって意味で撮影会とかに出てはいたんですけど、今はグラドルとして活動できて嬉しいです!


―――グラドルとしての魅力はもちろん、話してみると気さくで明るいキャラクターに惹かれてしまいます。

川島:ありがとうございます! 結構喋ることが好きで…撮影会に遊びに来てくれた人とも「お話しながら撮ってもらって盛り上がる」なんてことも多いです。


他の撮影スタジオまで私たちの部屋の声が届いていたこともあって、それがきっかけで新しいお客さんと知り合ったりしたこともありますね(笑)。

■胸が武器だと思っていたら…

―――グラビア的な武器はありますか。

川島:衣装合わせの時に「もしかして…」って初めて気がついたんですけど、普通の水着だとお尻が食い込んじゃっててキツキツみたいな。


「意外とお尻の大きさあるんだ」ってやっと気がついて…マネージャーさんと「ほんとだ!」って確認しあってました(笑)。最初はGカップの胸重視でだったけど、今回からお尻も推していこうかなと。


―――いや、気がつくのめちゃくちゃ遅くないですか?(笑)。でも、今後は「胸とお尻の2刀流」でいけますね。

川島:確かに…よし、それでいきます! でも今思うと、撮影会でもお尻が好きなお客さんが多かったかも。そういえば撮ったデータをもらったりもするんですけど、見ると「振り返りの写真」とかお尻が写ったものの割合高かったな…。


■憧れのグラドルは…

彼女の所属する事務所は「RIPyouth」。その上に当たる事務所「RIP」には、森咲智美、橋本梨菜、犬童美乃梨など数々の大物グラドルが所属している。

―――現在、目標としているグラドルはいますか?

川島:犬童美乃梨さんですね。最近YouTubeとかでトレーニング動画をあげているんですけど、実際にお会いすると体のラインとかめちゃくちゃ綺麗! 事務所の子たちの体を見てくれたり、実際にトレーニングを教えてくれたりすることもあります。


やってみて「お尻とか胸とか保つのがこんなに大変なんだ」って思ったんですけど、それをストイックにキープされてて、体のこともとても勉強してて、すごく憧れなんです。


―――犬童さんは大会にも出るほどストイックですもんね。トレーニングの指導の際、スパルタ教育とかありませんでした?

川島:たまにそういう時もあります(笑)。普段めちゃめちゃ優しいんですけど、トレーニングの時は励ましながら「頑張って、あと何回!」みたいな。でも、悩みとかも聞いてくれるし、本当にいい先輩で感謝してます。

■日本一食べっぷりのいいグラドル?

川島の先輩にあたる犬童や森咲は、「グラドル界NO.1美BODY」「日本一エロすぎるグラドル」など魅力的なキャッチフレーズを持つことでも有名。彼女はキャッチフレーズがあるのだろうか。

川島:公式的にはないんですけど、いいなって思っているのがあって…。私の特技で「唐揚げ50個食い」っていうのがあるんですよ(笑)。


それに、よく「本当に美味しそうに食べるね」って言われるんですよ。だから、それらを活かして「日本一食べっぷりのいいグラドル」を目指したいなって。


―――50個って相当すごい…! めちゃくちゃ大食いじゃないですか。

川嶋:唐揚げが特に好きなんです。毎日からあげクン食べてますもん(笑)。まだ内緒にしてるんですけど…犬童さんに言ったら怒られちゃいますね。


■このタイトルの理由は…

話は冒頭に戻るが、彼女の初作品が『Nice to meet you』のリリースが11/23に控えている。

―――DVDジャケットから結構攻めていますね。

川島:はい! 結構かっこいい感じに仕上がってて。作品自体も攻めた感じのシーンが多いです。最初はキャッキャしている楽しそうな感じ。


その代わり後半は表情や衣装がセクシーで、2面性が出せているはず! 初めてプールとかで撮影もしているので、そういった初々しいシーンにも注目してほしいですね。


―――ちなみに、唐揚げを食べているシーンはある?

川島:それが…食べてるシーンがなかったんですよ! お肉が好きで「ミート」が入ったタイトル『Nice to meet you』にしたのに…なのでセカンドとかでできたらいいなって思ってます(笑)。


■今後はソロで露出も

初のDVDを自己採点してもらったところ、「全力で挑んだけど、改善点が見つかったため70点」と向上心を見せた彼女。最後に今後の目標を聞いてみた

川島:直近では、リリースイベントが開催される予定もあるし、DVDを多くの人に届けられるように頑張りたいと思ってます。将来的にはソロで雑誌の表紙や企画に出られるように、勉強していきます!

(文/しらべぇ編集部・木根 大心 取材協力/川島愛里沙)

関連記事(外部サイト)