桜井日奈子が教えてくれた大切なこと キラキラ輝く青春に何を感じるか

桜井日奈子が教えてくれた大切なこと キラキラ輝く青春に何を感じるか

桜井日奈子が教えてくれた大切なこと キラキラ輝く青春に何を感じるか

女優の桜井日奈子が、6日放送の『BACK TO SCHOOL!』(フジテレビ系)に出演。女子高生たちと過ごした4日間が大きな反響を呼んだ。


■バスケを純粋に楽しみたい

番組冒頭、「もし高校生に戻れるなら、バスケを純粋に楽しみたいです」と学生時代の心残りを話す桜井。幼稚園の頃から高校3年生までバスケに取り組んでいたが、勝ちにこだわりすぎるあまり、自分勝手なプレーが多かったと後悔しているそうだ。

そして、静岡の女子校に転校。授業を受けたり、手作りのお弁当を食べたり、学生生活を満喫する。

放課後、楽しみにしていたバスケ部の活動に参加すると、ときおり笑顔は見せるものの、その表情は真剣そのもの。汗だくになりながら、熱中する姿を見せた。


関連記事:「岡山の奇跡」桜井日奈子 汗だくCMに男性ファン興奮

■青春全部をささげたもの

部活が休みの日の放課後には、夕焼けが照らす浜辺で、GreeeeNの『愛唄』を合唱。すっかり女子高生たちと打ち解け合った桜井は、「私にとっては青春全部をささげたものだったの、バスケって」と胸の内を打ち明ける。

すると、「日奈ちゃんを見て、もうちょっと自分も頑張ろうと思った」「自分の全力ってもっと出るんだなと思う」と、女子高生たちも桜井と過ごす時間の中で、感じるものがあったようだ。

■尊くてすばらしいこと

そして、桜井を含めたチームでの練習試合を終え、迎えた別れの日。女子高生たちは泣きながら桜井への思いを伝える。

桜井も「何か一つのことに一生懸命になれるって、こんなに尊くてすばらしいことなんだって改めて気付かせてくれたのがみんなだから」「バスケやってきて良かったって心の底から思う」と目を潤ませた。


■視聴者も感動「青春映画より熱い」

今回の放送を受け、桜井と女子高生たちが過ごした時間に胸を打たれる視聴者が続出。ツイッターでは、「大切なことを改めて教えてもらった」「青春映画より熱い青春」といったコメントが書き込まれた。

キラキラと輝く美しい青春を目の当たりにして、何かに熱中して努力することの大切さを再確認した人も少なくないようだ。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

関連記事(外部サイト)