『あいのり』桃、同棲して一か月の新恋人の嫌なこと 「ありがたい」

『あいのり』桃、同棲して一か月の新恋人の嫌なこと 「ありがたい」

『あいのり』桃、同棲して一か月の新恋人の嫌なこと 「ありがたい」

恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演し、現在は人気ブロガーとして活躍する桃が、11日に自身の公式ブログを更新。交際して一ヶ月になる新恋人に、同棲するうえで嫌なことを聞いた結果を明かした。


■新恋人と同棲して一ヶ月

この日、桃はマッチングを通じて出会った交際中の恋人と、渋谷にあるカフェバーに行ったことを報告。カウンターでしっぽりと飲んだことを明かしつつ、「今日で半同棲(ほとんど同棲)を始めて早1ヶ月」になったと明かす。

節目ということで、恋人に対して「一緒に住み始めて1ヶ月、なんかここは嫌だなとか思うことある??」と尋ねたところ、彼は「ない!!」と返事。しかし、ホッとしたのもつかの間、「…あ、一個あるや。言ってもいい?」って言われる流れに。


関連記事:宝くじで1億円をゲットした男性 「あまりの強運」でじつは過去にも…

■気遣いに「ありがたい」

この返事に「う、うん!!! なんでも言って」ってドキドキした桃だったが、回答は「キッチンのマットが気になる。笑」というものだった。そのマットは裏面にストッパーなどがないもので、上を歩くだけでずれてしまうという。

彼は知らない間に掃除機をかけたり、キッチンのスポンジを変えたり、洗剤を詰め替えてくれたりと、かなり気の利く男性のようで、そんな気遣いに桃は「ありがたいです」「そして、私が彼がいないところでそれに気付いて、すごくニヤーーってしてるんです」と綴った。

■「羨ましい」「ホント優しい」

「しかし、1ヶ月一緒に住んで思うところがそれだけって!笑」と喜んだ桃。幸せあふれるこのブログに、コメント欄では「羨ましい」「ホント優しい彼氏さんですね」などの声が寄せられている。

他にも、「子供産まれてもワンオペにならなそう!」などの声のほか、「キッチンマットはなくてもいいかも」など、断捨離を勧める声などが見られた。


■約4割が「結婚前に同棲すべき」

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,400名を対象に同棲に関する調査を実施。その結果、既婚男女782名のなかで、結婚前に同棲したほうがいいと考えているのは4割を超えていた。とくに20〜30代の既婚者ほどそう考える傾向が強いようだ。

今のところ、相性はばっちりな様子の桃と新恋人。コメント欄では年下彼氏と外食に行くことで、彼の財布が圧迫されないか気にかける声も見られるが、あまり心配する必要はないのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日〜2017年1月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,400名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)