文武両道の佐賀北高校バスケ部で体罰・暴言 教諭と生徒の言い分に食い違いも

文武両道の佐賀北高校バスケ部で体罰・暴言 教諭と生徒の言い分に食い違いも

文武両道の佐賀北高校バスケ部で体罰・暴言 教諭と生徒の言い分に食い違いも

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

佐賀県立佐賀北高校(佐賀市)の男子バスケットボール部で、監督を務める40代の男性教諭から暴行や暴言を受けたと複数の部員が訴えていることが13日、分かった。しらべぇ取材班は、同校の校長や教育委員会から話を聞いた。


■野球部は全国優勝

佐賀北高校は、野球部が2007年夏の甲子園大会で全国優勝。バスケットボール部も全国高校総体に22回出場している強豪で、県は強化拠点校に指定していた。

そのバスケットボール部の監督である男性教諭(41)が部員に暴言や体罰を繰り返していたという。校長によると、教諭は2018年4月に着任。新チームになった今年の9月ごろから、複数の部員に「学校を辞めろ」などの暴言を吐いたり、ボールや作戦ボードを投げつけたりしていた。

この教諭のバスケットボールに対する指導力は、保護者らも評価。10月28日から高2部員が学校を休み出し、その保護者から学校に「威圧的な指導が苦しいと言っている」との連絡があった。


関連記事:女子生徒を「ゴキブリ呼ばわり」 部活内で起こっていた悲惨な事案に言葉を失う

■「貴様、学校を辞めろ」

学校は教諭や部員たちに聞き取りを実施。部員たちからは「死ね」「病院に行け、カス」と言われたとの話もあったが、教諭は「ないと思うが、見た部員がいるならそうかもしれない」と話した。

一方、「『貴様、学校を辞めろ』『お前は病気だ』とは言った」と認めている。作戦ボードは床に投げたのが跳ね返って当たったと主張したという。

校長は、調査結果を教委に随時報告していた。そして、校長は教諭を指導停止とし、5日に部員、7日に保護者に説明。13日の記者会見のあとにも、生徒達に管理職として謝罪したという。

■8日から学校に復帰

校長が、学校を休んでいる生徒と加害教諭が関わりを持たないような措置を取ったため、8日から学校に戻ったとのこと。加害教諭は、校長に「強くしなければいけないという重圧があった」と釈明した。教諭が認めていない部分もあるため、今後も調査を続けるという。

校長は、「不安や心配、ご迷惑をおかけし申し訳ない。本校はほとんどの生徒が進学する。3年生は受験を控えており、動揺がないように適切な対応を取る」と話した。


■保護者は「今年度いっぱいは戻さないで」

今後、この教諭を部活に戻すかについては、ヘ育委員会と話し合うという。保護者からは、「今年度いっぱいは戻さないでほしい」という要望があがっている。

佐賀県ヘ育委員会の保健体育課は、取材に対して「学校から報告を受けているところであり、全てを把握できた時点で、処分が必要かどうか検討する」と述べた。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

関連記事(外部サイト)