張本勲氏、プレミア12・日韓戦に苦言 「緊張感がない」「練習試合と一緒」

張本勲氏、プレミア12・日韓戦に苦言 「緊張感がない」「練習試合と一緒」

張本勲氏、プレミア12・日韓戦に苦言 「緊張感がない」「練習試合と一緒」

17日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が16日に行われた野球の国際大会「プレミア12」の日本対韓国戦に苦言を呈すシーンがあり、物議を醸している。


■「プレミア12」を取り上げ

「プレミア12」は特殊なリーグ戦形式を採用しており、16日の時点で日本と韓国が決勝に進出。この日行われた日本対韓国戦は勝敗が大勢に影響しない「消化試合」となった。

それでも日本は主力メンバーを出場させ、韓国の投手を滅多打ちに。勝ちパターンの投手を温存させたため、終盤反撃に遭ったものの、10対8で勝利する。17日の決勝戦に向け、日本野球の強さを見せつけた形だ。


関連記事:張本勲氏、復活優勝したタイガーウッズ選手の報道に激怒 「大騒ぎするな」「韓国人選手も報じて」

■「消化試合」に苦言

張本氏はこの様子を見て、「国際試合でこんな緊張感のない試合は初めて見ましたよ」と苦言を呈す。関口宏が「え、本当に」と驚くと

「消化試合だもん。練習試合と一緒だもん。こういうときはね、主催者側は入場料半分とか、子供無料とかしてくれないとね。だって先発ピッチャーが6点取られても代えないんだもん。


解説が『なんで代えないのか』(と言ってたけど)この解説も勉強不足だよね、(最初から投げるイニングを)決めてるから」


とバッサリ斬る。一方ゲストの広澤克実氏は「因縁のライバルなので、気持ちが高ぶって、張本さんはそう見られたかもしれないけども、僕は良かったと思う」と話した。

■韓国代表にも苦言

さらに張本氏は「決勝は韓国が負けるね」と断言。続けて

「私4、5年ぶりに見たけど、こんな下手な韓国チーム初めて見た。守備がものすごく下手になった。外野手はね、2つないとダメ、足が速いか肩が強いかしないとダメなんですよ。その点では分が悪いね韓国は」


と、韓国チームの守備について苦言を呈す。そしてその理由について「韓国と台湾は良い選手をアメリカと日本に取られる」と分析し、「韓国のプロ野球は抜け殻状態」と話した。


■視聴者の反応は賛否両論

張本氏の持論に視聴者の反応は賛否両論。「確かに緊張感がなかった」「国際大会で消化試合があるのはおかしい」という賛同の意見もあったが、「現地にいたけど緊張感はあった」「選手は真剣にやっていた。発言は失礼だ」という否定的な声も。

そして「韓国が負ける」と断言したことについては「言い切って大丈夫?」「日本負けそう」「嫌な予感がする」などの声も上がった。


■反省点とするべき?

様々な意見が上がっているが、16日の日本対韓国戦が「消化試合」になってしまったことは事実。

勝敗が勝ち上がりに影響することがないゲームだっただけに、張本氏以外にも「面白くなかった」と感じた人は存在する。今後大会を継続するなら、反省点とするべきかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)