林真須美死刑囚の長男、両親逮捕後に待っていた「凄絶暴力」の日々

林真須美死刑囚の長男、両親逮捕後に待っていた「凄絶暴力」の日々

林真須美死刑囚の長男、両親逮捕後に待っていた「凄絶暴力」の日々

(?AbemaTV)

17日放送の『Wの悲喜劇』(AbemaTV)に、98年7月に発生した「和歌山毒物カレー事件」にて、最高裁で死刑が確定した林真須美死刑囚の長男が出演。

事件後の壮絶な人生について語り、「加害者家族」への考え方や支援について議論された。


■朝起きたら両親が逮捕され…

事件当時10歳だった林氏は、当時の記憶は今も鮮明に残っているという。林死刑囚が逮捕されたのは、98年10月2日の早朝。両親逮捕時に林氏はまだ布団で眠っており、家に来た女性警察官から「児童相談所に行くので、荷物を1〜2週間分まとめるように」と指示されたという。

その後、林氏を含めた4人姉弟は児童相談所で生活することになるのだが、「そこの子たちもニュースを見ていたので、犯罪者の家族だったら何しても、何言ってもいいと…生まれてはじめて悪意のこもった暴力を経験した」と語る。


関連記事:父親を刺した19歳長女に殺人未遂の容疑 犯行動機に同情の声が殺到

■保護されるはずが…児相での凄絶暴力

児相の子供たちの中でも「犯罪者の子供」としてヒエラルキーの底辺に位置していた林氏は、殴る蹴るの暴力を受け、「ポイズン(毒物)」というあだ名を付けられてしまったそう。

また、土足禁止の場所に間違えて上がってしまっただけで、職員からも「カエルの子はカエル」などと言われる始末。ときには、首を絞められて失神し、道路に倒れて頭を縫う大ケガをしたことも。

林氏いわく、いじめによる暴力で「鼻も2回折れていて、前歯もさし歯」に。「いじめられてるって、お姉ちゃんたちには言えなかったですね」と、当時を振り返った。

■卒園後は住所なし、バイトすら困難

施設卒園後も、林氏は住所がなかったため仕事を探すこともできず、野宿することもあったという。姉が借りていたマンションの住所を使ってアルバイトを始めるも、素性が分かると「衛生的に良くないから」と言われ、自主退職に追い込まれてしまうことも多々あった。

こうした状況に、MCのSHELLYは「えー!」と思わず絶句してしまう。


■「加害者家族」について考える

林氏の境遇について、加害者家族の支援を行なっているNPO法人「World Open Heart」理事長の阿部恭子氏は、「海外では『加害者家族』という言葉が存在し、子供が状況を理解するための絵本や教材も存在する」とし、「加害者家族は、隠された被害者」という考え方をしている国もあると説明。

続けて、阿部氏は「日本は連帯責任という考え方が定着している」ことが、加害者家族を苦しめる要因に繋がっているとも指摘。また、日本では「被害者家族」という言葉もまだ歴史が浅いことも議論された。

阿部氏は「『加害者家族』の実態が可視化されることが重要」とし、林氏がこうしてメディアで発言することは、とても尊いアクションであるとした。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

関連記事(外部サイト)