イチロー、鈴木おさむのインスタに登場 ミラクルショットに本人も衝撃

イチロー、鈴木おさむのインスタに登場 ミラクルショットに本人も衝撃

イチロー、鈴木おさむのインスタに登場 ミラクルショットに本人も衝撃

放送作家の鈴木おさむが18日、自身のインスタグラムを更新。今年3月に現役を退いたイチローとのツーショット写真を披露した。自撮りをはたした鈴木はインスタグラムやツイッターでその思いを綴っている。


■野球関連以外は珍しい

View this post on Instagram

イチローさんと人生で初めてお仕事させていただきました。 SMBC日興証券さんのお仕事で。イチローさんのWEB動画制作で。 イチローさんの人生すごろく。もしもう一度人生を歩むとしたらというテーマで。 僕が聞き手をやらせてもらい。イチローさんの言葉を聞きだすというかなりの遣り甲斐のある仕事。 3時間以上、部屋のセットでやらせていただき。 本当に、やばかったです。ツイッターでその模様をかなりの数お届け出来るので。是非見てください。 写真は僕の自撮りです。やばいっす!

A post shared by 鈴木おさむ 放送作家 (@osamuchan_suzuki) on Nov 17, 2019 at 9:00pm PST

ウェブ動画制作で鈴木が聞き手を務めたことから実現した1枚。イチローが野球関係以外の個人のインスタグラムに登場するのは非常に珍しいといえる。

ましてや、自撮りツーショットともなれば今後見られないかもしれない。鈴木から撮影を持ちかけたと思われるが、撮影どころかインスタへの投稿にも承諾するとは思っていなかっただろう。


関連記事:武田真治、鈴木紗理奈への壁ドンが色っぽすぎる 「正直ドキッとした…」

■あふれる思い

まさかのミラクルショットに成功した鈴木だが、イチローへの思いも強い。インスタグラムでは長文で彼との共演についてコメントを残している。「イチローさんの言葉を聞きだすというかなりの遣り甲斐のある仕事」と鈴木。

3時間以上は撮影にかかったようで、初めてながらも濃密な時間が過ごせたようだ。ファンからは「ドラマか映画を制作して欲しいです」との声も寄せられている。以前にもドラマ出演の経験があるイチローだれにそうした期待もあるようだ。


■アカウント作ったほうが良い?

しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の61.8%が「芸能人はもっと慎重にSNSを使ったほうがいいと思う」と回答している。

今回はたまたま鈴木のアカウントに登場したイチロー。今後、もし自身のアカウントを持ちたいと思っても、この結果をみる限りは辞めておいたほうが良いのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日
対象:全国10代〜60代の男女1653名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)