「家族を皆殺しにする」 暴走するDV父にハンマーで反撃した青年が出所

「家族を皆殺しにする」 暴走するDV父にハンマーで反撃した青年が出所

「家族を皆殺しにする」 暴走するDV父にハンマーで反撃した青年が出所

(ndranik Hakobyan/iStock/Getty Images Japan/画像はイメージです)

父親の凶行から母を守りたい。それだけを願い、すさまじい暴力癖がある父親にハンマーで殴りかかった青年がいる。その後の服役を経て出所した青年の今の思いとは?


■荒れ狂った父親

英国ティーズサイドで暮らしていたある男性(27)の父親には、ひどい暴力癖があった。2007年にも男性の母親に殴りかかり首を絞めあげた末に有罪判決を受けたほどで、2014年春にも「お前ら全員、ナイフでぶっ殺してやる」などとわめいて家族を怖がらせたという。

その直後に自宅の一室から母の絶叫が響いたため、男性はハンマーを持ち部屋に突入。母を救うべく父親の顔面と頭部を何度も殴りつけ、大怪我を負わせた。


関連記事:暴行を受け頭が陥没! 犯人のあっけない出所に被害者家族が猛反発

■血まみれで自首した男性

男性が父親を殴りつけた回数は、計8回。これにより父親の顔面には複数の穴があき、顎や頬、鼻などの骨も折れたという。

また脳にもダメージを受けた父親はそれでも一命をとりとめたが、男性はそのまま自転車に飛び乗り自宅を後に。返り血をあび真っ赤だった男性が向かった先は警察署で、男性はそのまま逮捕された。

■服役中に届いた訃報

父親に重傷を負わせた男性には有罪判決が下されたが、裁判官は男性につき「善良な人物」と発言。「父親の虐待行為も十分に考慮した結果、実刑6年がふさわしいと判断した」とも男性に伝えた。

その後に服役生活を始めた男性に届いたのは「父親が自殺した」という知らせだったというが、家族関係の修復に前向きだった男性の心情を考慮した当局は、男性が葬儀に行くことを許可したと言われている。


■「後悔はない」と明かし話題に

6年の実刑判決を受けたものの、約4年の服役を経て男性はついに出所。さっそくメディアの取材に応じ、「父が自殺したのは僕のせいだと思います」とコメント。

しかしハンマーで殴りつけたことについては「後悔していません」と述べ、「暴行を食い止めたい一心で自分を犠牲にしたと思っています」「大変な過ちを犯したことは間違いありませんが、ああしなければ母も僕も殺されていたかもしれないのです」とも付け加えた。

母親を守るため、犯罪者になることを承知の上で父親に襲いかかったこの男性。今後の人生が穏やかなものになるよう願わずにはいられない。

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事(外部サイト)