浜松市が教諭のSNS利用を厳格化 「子供に恥ずかしいことはしないように」

浜松市が教諭のSNS利用を厳格化 「子供に恥ずかしいことはしないように」

浜松市が教諭のSNS利用を厳格化 「子供に恥ずかしいことはしないように」

(oatawa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全国的にSNSを起点とした教諭の不祥事が相次ぐ中、浜松市教育委員会では、「教職員のSNS利用に関するガイドライン」を設けた。その意図等について、教委から詳しく話を聞いた。


■具体的に6項目を提示

教委によると、その内容は6項目に及ぶ。

(1)「SNSにおける閲覧者設定・公開範囲の設定」


(2)「発信したものは消えません」


(3)「法令遵守」


(4)「個人情報につながる情報は投稿しない」


(5)「発信した情報が、個人の意見であることを明記する」


(6)「個人的な児童・生徒・保護者とのやり取りは、原則的に禁止」


現在、ツイッターやインスタ等を頻繁に利用する若い先生が増えているというが、アカウントに鍵をかけたとしても誰が見ているかわからないため、誰に向けて発信しているのかを明確にしようというもの。

また、情報を消したとしても誰かが保存しているかもしれず、これが後に拡散する可能性がある。


関連記事:青森の小学校教諭が教え子にわいせつ行為 「ありふれた日常」との声も

■「基本的に生徒と対面で」

さらに、勤務時間中にスマートフォンでメールやLINEのチェックや天気予報の閲覧などをすることは、公務員の職務専念義務違反にあたるため、個人のスマホは職員室等で管理し、原則的に児童生徒の活動場所には持って行かないこととした。

ただし、修学旅行や緊急的にスマホの利用が必要なときは、これを妨げるものではないとしている。

SNS投稿は、一挙に拡散するので、政治的・教育的な意見は、あくまで個人的な意見であり、浜松市の教員全体の意見と捉えられないようにすることも必要。

さらに「不登校の生徒などとの唯一のやり取りがSNS」というケースはあり得るが、児童・生徒との個人的なやりとりは、内面に踏み込んでいくがゆえ、一線を超えてしまうリスクもある。基本的には、複数の教諭が立ち会って、面と向かって実施しようというものだ。

■踏み込んだ対策の背景は…

このような踏み込んだ対策を実施せざるを得ない状況が、浜松市にはある。4月からの不祥事5件中4件が、SNSやスマホを起点にして起きてしまったという理由からだ。

浜松市教育委員会教職員課の担当者は、取材に対して、「教員を縛ろうとするものでは、決してない。このガイドラインを通じて、教員としての倫理観を改めて見直していこうというもの。教師という職業が魅力的なものであるということを、教員志望者たちに伝えていくためにも、現場教員がより一層気を引き締めていかなければならない」と回答。

「子供たちに恥ずかしいことは決してしないように、という意味を込めた」と苦しい胸の内を語ってくれた。


■被害児童・生徒を守るため

市民からは、不祥事に対する厳しい声や、「なぜ、不祥事を起こした教師の個人名を公表しないのか」という意見も入っているという。

これらに対しては、「教委として、不祥事を起こした教師を守ろうとは思っていない。教師の個人名を公表することで、被害児童・生徒が特定されてしまう恐れがある。そのために、不公表としており、その点はご理解いただきたい」と話した。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

関連記事(外部サイト)