『ダウンタウンDX』釈由美子のペットにスタジオ悲鳴 警鐘鳴らす声も

『ダウンタウンDX』釈由美子のペットにスタジオ悲鳴 警鐘鳴らす声も

『ダウンタウンDX』釈由美子のペットにスタジオ悲鳴 警鐘鳴らす声も

(画像は釈由美子公式Instagramのスクリーンショット)

21日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、女優の釈由美子が出演。今年に入って飼い始めたというペットが、ネット上で話題になっている。


■梅雨に公園で発見

そのペットとは、「カタちゃん」と名付けられたカタツムリ。3歳になる息子と可愛がっているといい、ツノやヤリの場所、食べ物などを日々一緒に図鑑で勉強しているのだそう。

飼い始めたきっかけは、息子が幼稚園で「♪でんでんむしむし かたつむり」の歌を歌っていたことから「そういえば『リアルカタツムリ』って最近いない」と気づいたことだという。

この「カタちゃん」は梅雨に公園で見つけたそうで、発見までに、なんと2ヶ月ほどを要したとのことだ。


関連記事:釈由美子、数年間「給料を過小見積り」されていた… 事務所認める

■「寄生虫が…」と心配の声

VTRでは、カタツムリがクローズアップで映されたために、スタジオは悲鳴の嵐。ネットからは「釈さんの容姿からは想像できない…」「家帰ってテーブルとかにいたら恐怖かも」と驚きの声が。

また、その触覚を狙って寄生する吸虫などもいるようで、「大丈夫ですか? 変な虫に憑かれないように」「寄生虫が擬態してるかもしれないから気をつけて」と心配の声も上がった。

■女性は虫が苦手?

厳密にはカタツムリは「虫」であっても「昆虫」ではないそうなのだが、しらべぇ編集部では全国の20〜60代男女1,376人を対象に、以下のような調査を実施。

その結果、「昆虫を触れる」と回答した人は全体の35.9%。やはり虫が苦手な女性は多いようだ。


■ペットショップでも販売

「ペットにカタツムリ」というとあまりイメージが湧かないかもしれないが、調べてみると、じつは特定のペットショップなどでは販売されている様子。価格帯も一般的な種類であれば1000円以下のものが多く、寿命も飼育下では10年以下と、比較的長いようだ。

寄生虫の問題など、クリアすべきハードルはありそうだが、興味がある人は一度飼育してみるといいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日〜2016年7月25日
対象:全国20代〜60代の男女1376名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)