グラドル・花咲れあ、「第2の加藤紗里」と売り込むも視聴者「誰も得しない」

グラドル・花咲れあ、「第2の加藤紗里」と売り込むも視聴者「誰も得しない」

グラドル・花咲れあ、「第2の加藤紗里」と売り込むも視聴者「誰も得しない」

先日、電撃結婚を発表した、強烈すぎる個性で一躍世間の注目を集めたタレント・加藤紗里。

そんな彼女を継ぐ「第2の加藤紗里」で売り出し中のグラドル・花咲れあが21日放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場し、大きな話題を集めている。


?第2の加藤紗里

事務所内でいま最もヤバい、アウトなタレントをマネージャーが売り込み、本当に「アウトな人材」か出演陣が判断する新企画『売り込みアウト』をこの日は放送。

加藤と花咲は同事務所に所属。両名を担当するマネージャーは花咲をアウトな人材と主張し、「第2の加藤紗里」として売り出そうとしていると明かす。


関連記事:炎上タレント・加藤紗里がラジオで冠番組 「ライバルは池上彰だね」と怪気炎

?マツコらが指摘

花咲と初対面を果たしたマツコ・デラックスは「第一印象だけで言わせてもらえば、加藤紗里を初めて見たときの、なんて表現したらいいかわからない『恐怖が迫ってくる感じ』はない」と花咲を評した。

それを覆そうと、アウトな部分を主張する花咲とマネージャー。しかし、遅刻はしても申し訳ない気持ちがある、車に布団を敷きいかにも「ヤッてる」感があるが「妹が受験生で邪魔をしないようにしていた」ことも明らかになるなど、一同からは「アウトじゃない」と判断される。

マツコは「イメージだけど、加藤紗里って極悪非道ですからね」「必死に悪ぶってる感じがする」と花咲に指摘。少年院あがりのアイドル・戦慄かなのも「ファンも求めてない。そのキャラ辞めたほうがいい」と、「第2の加藤紗里」を全否定した。

?視聴者の意見は…

マネージャーはなんとか加藤の後釜に花咲をすわらせたかったようだが、マツコらアウト軍団により本質を見抜かれてしまった。

そんな花咲に対して、「花咲れあ初めて知った可愛すぎる」「へんなキャラ付けされて、事務所変わった方がいいんじゃね?」「めっちゃ良い子で終わった」など、好意的な意見や興味を持った声が目立っている。

また「第2の加藤紗里って売り込みはマイナスじゃないか」「第2の加藤紗里なんて誰も得しねよ」「第2の加藤紗里とか不名誉すぎるだろ」と、加藤の名を継ぐことに不快感を示す視聴者も多かった。


?約4割に「黒歴史あり」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,358名を対象に調査したところ、全体の37.9%が「人には言えない黒歴史がある」と回答している。

今となっては恥ずかしい過去を「黒歴史」というが、花咲にとっては「第2の加藤紗里」として売り出されたことが黒歴史になるかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,358名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)