滝沢カレンのからあげレシピが話題 「二の腕を気にして触ってるくらいの力で…」

滝沢カレンのからあげレシピが話題 「二の腕を気にして触ってるくらいの力で…」

滝沢カレンのからあげレシピが話題 「二の腕を気にして触ってるくらいの力で…」

独特な言い回しが面白い人気タレント、滝沢カレンが21日、自身のインスタグラムを更新。

美味しそうな唐揚げの写真と共に、レシピを公開した。しかしこのレシピが「面白い」「今までにないレシピ」とネットで話題を呼んでいる。


■独特な表現のレシピ

滝沢は「なるべく外では油物を食べないで家で自分が作るときだけは食べていい、という決まりにしてます(たまにはご飯屋さんでもそりゃ食べる)」とコメントしつつ、唐揚げのレシピを綴った。

しかし「やれやれとボッタリくつろぐ鶏肉」「お醤油を全員に気付かれるくらいの量」「二の腕気にして触ってるくらいの力で鶏肉をさらに最終刺激」など、独特な説明になっている。そのレシピをざっくり引用すると…

・用意する鶏肉は150gほど。5〜6切れ。


・ビニール袋に鶏肉と、醤油(全員に気づかれるくらいの量)、酒(全員が気づく量)、鶏ガラスープの素(「こんな量で味するか?」くらい)、にんにく・生姜(すろおろしかチューブ)、ごま油(ご褒美あげるくらい)、塩・胡椒(気前よく)を入れる


・二の腕を気にして触ってるくらいの気持ちで揉む。


・薄味好きな人は15分くらい、濃い味好きは30〜60分くらい冷蔵庫で休ませる。


・面白いくらいにブったりした鶏肉に、片栗粉と少しの小麦粉をパサパサまぶし雪世界にする。


・オリーブオイルを170℃に熱して、鶏肉を入れ、「何も反応してくれなくなったら」一旦取り出す。


・油の温度を180〜190℃に上げ、鶏肉を再度投入。だんだん「キャピキャピ音が高くなってきたら」、油からあげて完成。


関連記事:滝沢カレン、豆乳味噌スープのレシピを解説 「かわいそうなくらい炒めます」

■ネットではセンスがいいと絶賛

相変わらずの滝沢カレン節に、ツイッターでは「幼稚園児が賢くなった感じで、最高でした」「調味料の量が分かりやすい。適量なんかよりよっぽど」「こんな文章でもまぁまぁ理解出来るからすごい」と絶賛の嵐。

笑える言い回しに、元気が出たという人もいるようだ。

■漫画家小栗左多里もコメント

滝沢カレンさんの唐揚げレシピ。文章の斬新さに驚いた。
「アクセサリーをつけるような気持ちで」「全員に気付かれる量」「二の腕気にして触ってるくらいの力」、、素晴らしすぎる。これで料理本1冊作ったら読むのに10日かかるかもだけど、雑誌に載ってたら1番に読む。https://t.co/Ah4U8iGriy

— 小栗左多里 (@OGURISaori) November 23, 2019

また『ダーリンは外国人』の作者である漫画家小栗左多里も「文章の斬新さに驚いた」と、ツイッターでコメントした。さらに「料理本1冊作ったら読むのに10日かかるかもだけど、雑誌に載ってたら1番に読む」とも呟いている。

滝沢カレンが料理本を出す日も、近いかもしれない。


■レシピ動画を参考にする人は?

しらべぇ編集部では全国10〜60代の料理をする男女1,242名を対象に「料理について」の調査を実施。

「レシピ動画を観て料理を作ったことがある」と答えた人は、全体で46.6%と半数に迫る高い割合になっている。

滝沢カレンが料理動画の解説をすれば、その面白さや分かりやすい言葉から、多くのファンが付きそうだ。

(文/しらべぇ編集部・大五郎)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1,721名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)