もしピエール瀧が「アナと雪の女王2」のオラフを演じていたら伝説になった理由

もしピエール瀧が「アナと雪の女王2」のオラフを演じていたら伝説になった理由

もしピエール瀧が「アナと雪の女王2」のオラフを演じていたら伝説になった理由

ミュージシャンとしてだけでなく、俳優や声優など、マルチな才能を発揮していたピエール瀧のコカイン使用での逮捕は、彼自身のファンだけでなく、彼が出演していた作品や演じていたキャラクターのファンたちに衝撃を走らせた。

とくに22日から2が公開されている『アナと雪の女王』のキャラクター・雪だるまのオラフのファンは、声優の交代を心から残念がった人も多い。


■「ピエールのオラフを見たかった」との声も

交代後の声優・武内駿輔の演技も非常に評価が高いが、「やはりオラフの声はピエール瀧にやってほしかった」という声も少なからず見受けられる。

記者もアナと雪の女王のファンで、ピエール瀧のオラフを愛していただけに2を観たときに少しの違和感を感じたが、それ以上にもしもピエール瀧が2でオラフを演じていたら、間違いなく“伝説”になっていたと確信した。

その理由は少しネタバレになってしまうので、まだアナと雪の女王2を観ていない人はこの続きを読むのを注意してほしい。


関連記事:ピエール瀧容疑者の逮捕に『アナ雪2』を心配する声殺到 「オラフはどうなるの…」

■ピエールオラフが伝説になるはずだった理由

アナと雪の女王2のストーリーの一部で、とある理由からエルサが凍り付き魔法の効力が無くなってしまい、オラフは溶けて白い粉雪となり死んでしまう。

しかし、アナの活躍によりオラフは見事復活を果たすのだが、アナと雪の女王2のあとにピエール瀧が逮捕されていた場合、このシーンがピエール瀧の逮捕から復活までの状況とソックリになるのだ。

■アナ雪と逮捕から復活までのストーリーが酷似

詳しく説明すると、まず、オラフ(ピエール瀧の半分)は白い粉雪(コカイン)が舞って死ぬ(逮捕)。これは芸能活動はストップ、事務所との契約も解除し、事実上の死亡状態となることと共通している。

そこからの流れはアナ(石野卓球)の活躍(新会社を設立し電気グルーヴの活動が再開)でエルサ(ピエール瀧の半分)が復活。エルサの放つ魔法の氷のように固い絆でオラフも復活するところが、ピエール瀧復活までと同じといえる。

つまり、もしピエール瀧がオラフを演じていた場合は、復活までのストーリーがアナと雪の女王2のストーリーと酷似するため、ほぼ間違いなく伝説になっていたという予想をしたというワケ。

ちなみに、オラフの設定として「エルサの分身」という説もある。つまり、アナとエルサの姉妹愛は石野卓球とピエール瀧の強い友情と近く、彼らの絆も共通点のひとつと言えるだろう。


■電気グルーヴの活動も活発に

■DENKI GROOVE Instagram
電気グルーヴ https://t.co/xXSrp5cBrZ
石野卓球 https://t.co/GYrw2VVfCx
ウルトラの瀧 https://t.co/bsUEmwGXgT pic.twitter.com/jugPyjx8tP

— 電気グルーヴ/DENKI GROOVE (@DENKI_GROOVE_) November 23, 2019

現在電気グルーヴは公式サイトも新たに設立し、ピエール瀧はウルトラの瀧に名前を変更。30日には新ネットショップでグッズの受注販売もスタートするようだ。

ピエール瀧のオラフが見れなくなり悲しんでいたファンも多いと思うが、きっと電気グルーヴはこれから前以上に精力的に活動することが予想される。

石野卓球とウルトラの瀧のアツいコンビに、これからも目が離せない。気になる人は電気グルーヴのツイッターをフォローしておくといいだろう。

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)