太田光、芸能人薬物犯罪者「一発アウト」に反論 杉村太蔵と激論し賛否

太田光、芸能人薬物犯罪者「一発アウト」に反論 杉村太蔵と激論し賛否

太田光、芸能人薬物犯罪者「一発アウト」に反論 杉村太蔵と激論し賛否

24日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、薬物犯罪者の芸能界復帰について「一発アウト」を主張する杉村太蔵に太田光が独自の見解を示し、賛否両論となっている。


■杉村太蔵が「一発アウト」を再主張

番組では先週杉村太蔵が合成麻薬MDMA所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者について「一発アウトとするべきだ」と激昂した様子を放送する。

この論理について一般人からは同意の声が多かったものの、堀江貴文氏やカンニング竹山が異論を唱え、田中裕二も爆笑問題のラジオ番組で「反対」を熱弁したと紹介された。

杉村太蔵は改めて「一発アウト論」について「私の考えはいささかも変わりません。昨日逮捕されて今日復帰の話をするのは、あまりにも早すぎる」と話す。

そして、「違法薬物に手を出したら一発アウトなんだっていうことですね、私としては太田さんやテリーさんのようなですね、この業界のリーダーの方々にしっかり示していただきたい」と主張した。


関連記事:テリー伊藤・爆問太田の沢尻復帰論 杉村太蔵は「甘すぎる」と反発

■太田光が反論

その後デーブ・スペクターから「薬物に手を出したアーティストが今大活躍している」と質問が。杉村は「(そのケースは)時代に合わない」と話す。

ここで太田光が、「誤解しないでほしいのは(復帰)オッケーとは言ってないんだ僕は」割って入り、「ほかの社会オッケーなのか?」とツッコミを入れる。杉村太蔵は「もちろんです。テレビは厳しくすべきだ」などとコメント。

不満そうな太田は、「この薬物問題っていうのは、一つは犯罪の面もあるけど、病気なんだっていう考え方もあって。そういう人たちも見てて、やっぱり自分たちがもう1回やり直せるって信じてる人たちもいるから」と主張。

さらに、「テレビの役割って厳罰っていうことも一つはあると思うけど、正義を問うってことも一つあると思うけど、そういう人たちも見てるってこともやっぱり片方で意識するべきじゃないの」と語る。

杉村太蔵は「発信する対象が違う。そこが議論が噛み合わない原因」と困惑気味にコメントした。

■杉村太蔵がヒートアップし…

杉村太蔵はこの発言にヒートアップ。普段より一段と高い声で、「仮に太田さんが今、覚醒剤で逮捕されたら、現実的に二度とこのスタジオに戻れませんよ。覚醒剤に手を出して、現実的には戻ってこれない。それを分かってるにもかかわらず、復帰の話をするというのは私は腹立たしい」と力を込める。

太田は「別にテレビに復帰ってことじゃない。彼女はどう生きていけばいいのか」と話すが、杉村は「私が申し上げているのは、テレビの復帰は一発アウト」と断言。その後も太田と杉村は激論を繰り広げるが、意見が噛み合うことはなかった。


■世間は杉村太蔵を支持

「テレビの世界で薬物犯罪者は一発アウト」と話す杉村太蔵と、「生きていくため」として芸能界復帰を認める太田光。

視聴者の反応は先週に引き続き杉村の意見を支持する人が多く、「杉村は正論」「一般社会で犯罪者が同じ地位に戻ることはできない」「逮捕数日で復帰の話が出てくるのは異常」など声が。

そして復帰を容認する太田やテリー伊藤について「甘すぎる」「一般的な感覚がない」などの批判が上がった。


■薬物使用で5割が「ファン辞める」

意見が分かれる「芸能人薬物犯罪者のその後」。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「薬物使用で逮捕された芸能人」について調査でも、半数以上が「ファンをやめる」と回答している。


太田光の論理も間違いではないのだろうが、一般社会で薬物に手を出し逮捕された人間が、職場復帰し元の地位に戻るケースはほとんどない。

杉村太蔵のように、逮捕数日後に復帰を容認するような発言が飛び交う芸能界を異常と見ている人のほうが、多いのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20〜60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)