南キャン山里、「アイドルのしょうもない特技」で冷めた場を盛り上げる努力明かす

南キャン山里、「アイドルのしょうもない特技」で冷めた場を盛り上げる努力明かす

南キャン山里、「アイドルのしょうもない特技」で冷めた場を盛り上げる努力明かす

23日放送『自慢したい人がいます 〜背景ひねくれ3様〜』(テレビ東京系)で、南海キャンディーズ・山里亮太が「アイドルのしょうもない特技」について熱弁。場を盛り上げるためにした努力について明かした。


?視聴者の自慢

視聴者が「コレって自慢していいですか?」というエピソードを投稿。芸人屈指のひねくれ者である山里、ハライチ・岩井勇気、三四郎・小宮浩信が「自慢になるか、ならないか」を判定していく。

40代男性は「ベッドで横たわったまま、飲み物をまったくこぼさず飲み終えられる」という自慢をすると、3人は「自慢になる」と判定。山里は「いつもと違う体勢で飲むと溺れる」と横になったまま飲み物を飲むことの難しさを力説した。


関連記事:南キャン山里、テレ朝・田中萌アナの「惚れちゃいそう」に激怒 「下に見てる」

?アイドルのしょうもない特技

特技の話題から乃木坂46・秋元真夏から「アイドルとかにしょうもない特技とか見せつけられることありませんか?」と質問がとぶ。

これに山里は賛同した上で「一番しょうもない特技の代表格が『耳、動くんです』」だと吐露し、「わかりづらいし、どうやっても盛り上がらない」とこの特技の難点を指摘。そこから自身が編み出した、「白けた現場を盛り上げる方法」を明かしていく。

?山里の解決策

「耳動くって、どうやっても盛り上がらない。だから、そういった場面のためだけに自分も耳を動かす練習をした」と山里は告白。

盛り上がっていない現場でも「俺もちょっとやってみる」とその場で耳を動かすことで「『動いた』って一応盛り上がる。それ以外はビタイチ盛り上がらない」と苦笑いを浮かべる。

秋元から「スゴイ研究したんですね」と努力を褒められた山里は、「したよ。だってスゴイ多いんだもん」と耳を動かすのが特技というアイドルが多いことを嘆いた。


?1割強が「一風変わった特技あり」

しらべぇ編集部で全国10代〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の12.9%が「一風変わった特技がある」と回答した。

9割近くが「変わった特技はない」状況だが、それはアイドルでも同じだろう。自己アピールをしなければならない状況で、アイドル達が絞り出したのが「耳を動かす」しょうもない特技なのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年12月15日〜2017年12月18日
対象:全国20代〜60代の男女1,353名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)