内田理央、“5人のセフレがいる性依存系女子”役でテレ東ドラマ初主演

内田理央、“5人のセフレがいる性依存系女子”役でテレ東ドラマ初主演

内田理央、“5人のセフレがいる性依存系女子”役でテレ東ドラマ初主演

(?『来世ではちゃんとします』)

女優の内田理央が、ドラマ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系)で主演を務めることがわかった。


■性依存症系女子の主人公

本作は、『グランドジャンプ』(集英社)にて連載中のいつまちゃんによる同名作が原作。物語の主人公、大森桃江(27)は、性に奔放で5人のセフレがいる性依存系女子という役どころだ。

脚本は演劇ユニット、ブス会*を主宰し、ドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系)『吉祥寺だけが住みたい街ですか』(同系)などで知られるベヤンヌマキが手掛ける。


関連記事:内田理央、SNSの怖さを実感 「本当に大切なものを見失わないように」

■ドラマ化に「ワクワクしました」

本作が、テレビ東京ドラマ初主演となる内田。オファーを受けたときの思い、台本を読んだ感想について以下のようにコメントしている。

「原作の漫画を読んですごく面白かったので、ドラマ化すると聞いてちょっとドキドキしたのですが、率直にこのドラマを見てみたいなと思ってワクワクしました」


■共感のため勉強のために観てもらいたい

また、ドラマの見どころ、視聴者へのメッセージも届いている。

「こじらせ女子にも、パリピ女子にも、どの世代のどんな女の子にも、何かどこか絶対共感できるストーリーがあり、男の人も、女の子を知るために観ていただければ、モテる秘訣になるのかなと思います。


なので、共感のためにも勉強のためにも是非観ていただきたいです!」


ドラマ『来世ではちゃんとします』は2020年1月8日からスタートする予定だ。

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人)

関連記事(外部サイト)