震災時より増えた? 約3割が「割り込み多くなった」

「列に割り込む人が以前より多くなった」3割が回答 東日本大震災では譲り合う光景も

記事まとめ

  • しらべぇ編集部の調査で「列に割り込む人が以前より多くなったと思う」人は29.9%
  • 40代男性が一番の高ポイントで36.4%、仕事も忙しく外に出る機会も多いことが要因とも
  • 東日本大震災のときは、割り込みをする人はいないどころか譲り合う光景も見られたよう

震災時より増えた? 約3割が「割り込み多くなった」

震災時より増えた? 約3割が「割り込み多くなった」

震災時より増えた? 約3割が「割り込み多くなった」

満員電車やスーパーのレジ、イベントの入場待ちなど。日々の生活のなかで、順番待ちのため並ばなければいけない場面は多々遭遇するだろう。

これらはルールは決められていないのに、並ぶ人の心ひとつでマナーが成り立っている場合も。


■震災時の行列

まだまだ爪痕の残る地域も多い2011年の「東日本大震災」。当時、被害のあった地域は大混乱になり、交通機関もパニックをおこした。しかし、そんな中でも、バスやタクシーの行列で割り込みをする人はいないどころか、譲り合う光景も見られた。

もちろん全てではないが、そこには日本に住む人の美徳が垣間見えたように思う。しかし、緊急時だからこそだった側面もあるだろう。


関連記事:行列のトイレで「子連れの親」が割り込み…居合わせた人の「まさかの一言」が物議を醸す

■約3割が「多くなった」

そこで、しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1733名を対象に調査したところ、「列に割り込む人が以前より多くなったと思う」人は、全体の29.9%。

男女別では、男性は29.1%、女性は30.7%と女性のほうが1.6ポイント高いものの、男女差はさほど無いようだ。


■目にする機会が多くなり?

さらに男女年齢別で見ると、40代男性が一番の高ポイントで36.4%。次いで、10代女性が36.1%という結果。

40代男性は、仕事も忙しく外に出る機会も多いだろう。そういった面で変化を感じることが多いのかも。また、10代は学校などに通い出し、満員電車に乗る機会が多くなった人もいるのだろう。そういったなかで、割り込みを目にする機会が多く、気にとめる可能性も。

あまりの行列や、急いでいるときには、つい割り込みを考えてしまう人もいるのかも。しかし並んでいるときは誰もが同じ気持ち。まわりの事を考える余裕を持って行動したいものだ。

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年10月28日〜2019年10月30日
対象:全国10代〜60代の男女1733名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)