Hカップグラドル夏来唯、手ブラよりセクシーなシーンが「攻めた感じ」

Hカップグラドル夏来唯、手ブラよりセクシーなシーンが「攻めた感じ」

Hカップグラドル夏来唯、手ブラよりセクシーなシーンが「攻めた感じ」

OLからグラビアアイドルへと転身を遂げた夏来唯が、最新イメージDVD『天使はH-cup』(ラインコミュニケーションズ)を発表。作品の見所を本人に語ってもらうべく、しらベぇ編集部がイベント会場を直撃した。


■彼女の魅力がてんこ盛り

今作はストーリー仕立てではなく、各チャプター毎に独立した展開が楽しめる。ナース服姿で誘惑するシーンがあるかと思えば、突如バスケをプレイするシーンも登場。

「お馴染みの朝、夜ベッドのシーンとお風呂のシーンがあります」ともコメントしており、まるで幕の内弁当のようにバラエティ豊かな作品となっているようだ。


関連記事:グラドル&コスプレイヤー・羽生ゆか 過激マッサージは「おしりの肉を掴まれて」

■一番恥ずかしかったのは…

「基本どのシーンも恥ずかしいんですけど…」と前置きしつつ、作中で最も恥ずかしかった場面を振り返る彼女。赤い衣装をまとい、酔った感じで相手を攻めるシーンが「とても恥ずかしかった」そうだ。

胸をギリギリまで見せているシーンのほうが恥ずかしそうなのでツッコんで聞いてみると、「手ブラのシーンは割と多いほうで」「そんなに恥ずかしくないってわけじゃないんですけど、『あ。またか』っていう感じで」笑いながら答えてくれた。

どうやらグラドルとしての耐性が芽生えつつあるらしい。


■攻めた衣装に大満足

数々のコスチュームが登場する今作だが、一番セクシーなシーンを聞いてみると「夜のボンデージのシーン」という自信満々の回答が。「なかなか衣装から攻めた感じになっていて…」と言いながら頷く姿も見られ、かなり満足いく出来に仕上がったようだ。

今後もグラドルとして「自然な演技」を頑張っていきたいと、熱い志を語ってくれた。

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 撮影/HIRO)

関連記事(外部サイト)