『月曜から夜ふかし』兵庫県自慢の有名人が話題 重鎮と美女揃いにマツコも驚き

『月曜から夜ふかし』兵庫県自慢の有名人が話題 重鎮と美女揃いにマツコも驚き

『月曜から夜ふかし』兵庫県自慢の有名人が話題 重鎮と美女揃いにマツコも驚き

2日深夜の『月曜から夜ふかし』で放送された「都道府県対抗一番自慢できる有名人関西編」で、人材豊富な兵庫県が「強すぎる」と話題になっている。


■注目の関西編

司会の村上信五が大阪出身だけに、色々な意味で注目されていた関西編。京都は吉岡里帆が1位、滋賀県は西川貴教が2位に大差をつけてトップとなる。

ここで強さを見せたのが奈良県。1位は芸能界屈指の人気者明石家さんま、2位にKinKi Kidsの堂本剛が入り、京都と滋賀は負けを認める展開に。

次に和歌山に話を聞くと、この地でも明石家さんまの名前が出る。よく話を聞くと、さんまの生まれは和歌山で、その後奈良に移住したのだという。結局1位は歌手の坂本冬美、2位はL’Arc〜en〜CielのHYDEとなる。

そして関西扱いとなった三重は吉田沙保里と西野カナに。暫定1位の奈良県民にこれを見せると、両県とも「勝った」と一蹴。吉田沙保里について、居酒屋で取材受けた女性は「奈良出身の篠原信一で勝てる」と豪語した。


関連記事:関西地方で旅行に行きたい地域はどこ? 1位は圧倒的な差で…

■兵庫県が強さを見せる

次に取り上げられたのは兵庫県。まず名前が挙がったのは、お笑い界の大御所・ダウンタウンの2人。そして「関西のドン」上沼恵美子の名も。このツートップはかなり強力だ。

さらに藤原紀香・有村架純・松下奈緒・北川景子・相武紗季と美女勢が続々と挙がる。結局1位にダウンタウン、2位北川景子、3位有村架純、4位渡哲也と超強力な布陣。これを見た奈良県民は「負けた」「奈良の割には頑張った」と敗北を認めた。

■大阪も勝てず

最後に取り上げられたのは、村上信五の出身地大阪。真っ先に名前が挙がったのは芸能界のドン・和田アキ子。さらにダルビッシュ有、野茂英雄、赤井英和などアスリートも続々挙がる。

有名人が多すぎるため票が割れ激戦となるなか、村上信五が票を伸ばす。とくに地元の高槻市では中高年からも「誠実そう」「ベスト30には入る」など高い評価を受けた。

しかし1位となったのは菅田将暉。村上信五は2位となり、3位には歌手の天童よしみがランク入り。兵庫県民に話を聞くと、2位の村上に爆笑。やはりダウンタウンや北川景子を擁する兵庫のほうが勝っていると考えているようだった。


■強さに驚きの声

ダウンタウンと上沼恵美子というお笑い界の大御所に加え、大物俳優の渡哲也、藤原紀香・有村架純・松下奈緒・北川景子・相武紗季の美女陣と超強力な兵庫県。

視聴者からも「兵庫強すぎ」「関西では確実にナンバーワン」「人材が豊富すぎる」など、その強さ驚きの声が上がった。


■ダウンタウンの強さが兵庫を1位に?

兵庫県が強さを見せた今回の「都道府県対抗一番自慢できる有名人関西編」。その人材豊富なラインナップに、驚いた人が多かった様子。

とくに「ダウンタウン」はかなり強く、1位と聞いた瞬間に負けを認めてしまう説得力があった。昨今松本人志が『探偵ナイトスクープ』(朝日放送系)の編集長に就任するなど、活躍している影響もあったのかも。

しらべぇ編集部が全国の20〜60代男女1,474名を対象に実施した調査では、30代の6割が「松本人志が好き」と回答している。

松本だけではなく浜田雅功もMC業を中心にピン活動を続け、両者が未だに「売れっ子」のダウンタウン。これに関西のドン上沼恵美子が加わり、石原軍団の長・渡哲也、美女軍団と続く布陣は、かなり強い。

視聴者もその豪華な名前に「兵庫が1位」と、納得したようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日
対象:全国20代〜60代の男女1,474名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)