トラックの歩行者巻き込み動画が話題に 「知らない人も多い」と自動車学校

トラックの歩行者巻き込み動画が話題に 「知らない人も多い」と自動車学校

トラックの歩行者巻き込み動画が話題に 「知らない人も多い」と自動車学校

(画像は烏山自動車学校公式ツイッターのスクリーンショット)

今、ツイッター上で自動車学校が作成した動画が話題になっている。しらべぇ取材班は、動画を作成した烏山自動車学校(那須烏山市)から詳しい話を聞いた。


■「原付きやスマホが危ない」

12月3日午後2時現在、5.8万件のリツイート、10.1万件のいいねが押されている。

交差点の横断歩道で待つときに、絶対に道路ギリギリで待ってはいけない理由がこちらです。
大型車の後部は、曲がるときに外側へ降り出します。 pic.twitter.com/wDv49HkhEo

— 烏山自動車学校 (@KarasuyamaDS) December 1, 2019

この動画に対して、「信号待ちで原付に乗っている人が、大型車の近くに止まってるのを見ると怖い」や「これ交差点ギリギリで、スマホなんか見ながら待ってたらホント危ない」といった声があがっているのだ。


関連記事:頻発する高齢者による自動車事故 危機感を覚えた人の割合は…

■「この現象は大変危険」

担当者は、取材に対して「2007年6月2日に大型免許と中型免許に区分けされた。その際に、このトラックの振り出しを教習で教えるように義務化された」と話す。

「それ以前に大型免許を取得した、または普通免許だけを持っている方は、この件を知らないことが多い。しかし、この現象は大変危険であり、この現実を広く知ってもらいたいと思い、動画をツイッターに上げた」と作成意図について述べた。

さらに「運転手が気をつけていても、特に子供が交差点で歩道から出ていたりすると、事故に巻き込まれる危険性がある。子供にもこの動画を見てほしい」とのこと。この自動車学校は、卒業を控えた高校生たちも通っており、現在満杯だという。


■3割が巻き込まれた経験あり

警察庁の事故統計によると、2016年度の事業用トラックの人身事故件数は14,600件。事故による死者数は270人となっている。死亡事故のワースト(車籍地順)は、埼玉、千葉、大阪、北海道の順。特に、飲酒事故件数は37件と2年連続で増加している。

しらべぇ編集部は全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の30.3%が「交通事故に巻き込まれたことがある」と回答した。

危険を十分に認識した上で行動したいものだ。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1,721名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)