「仮面ライダーゼロワン」主演・高橋文哉 幼少期はおもちゃにドハマリ

「仮面ライダーゼロワン」主演・高橋文哉 幼少期はおもちゃにドハマリ

「仮面ライダーゼロワン」主演・高橋文哉 幼少期はおもちゃにドハマリ

俳優の高橋文哉が、6日に行われた『THE HENSHIN スペシャル前夜祭&CSM新作発表会』に登場した。


■現在放送中の作品で主演

高橋は、9月から放送中の『仮面ライダーゼロワン』で主役の飛電或人(ひでんあると)を務めている。

8月まで放送されていた、『仮面ライダージオウ』に出演していた奥野壮がベルトを「1年間戦ってきたので、戦友であり相棒でもある」と感慨深げに表現したのに対し、高橋は「研究道具。どれだけ変身ベルトをかっこよく見せ、変身するか。研究に研究を重ねた」。まさに血となり肉となろうとしている真っ最中だ。


関連記事:令和仮面ライダー第1作目は『仮面ライダーゼロワン』! 暴走するAIロボを倒せ

■仮面ライダーに夢中だった幼少期

子供の頃は仮面ライダーのおもちゃに夢中だったという。

「小さい頃、カードを入れるといろんな音が鳴るおもちゃで、英語の内容はわからないけど、これを入れるとこうかっこよくなるんだ、と思ったり、あだだだ、と口ずさんだりもしていました」としみじみと語る。


■変身ベルトは「歴史あるベルト」

主演を演じているだけあり、変身ベルトは“歴史あるバトン”だと表現。

「変身だけでなく、役者も成長していく。今は受け取った側だからそう感じていますが、いろんな思いが詰まっているんだなと歴史を感じます」と奥野をはじめ多くの先輩俳優がたどってきた道を実感していた。

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝)

関連記事(外部サイト)