有吉弘行、復活したアンタッチャブルへ本音 「2人で番組に来られても…」

有吉弘行、復活したアンタッチャブルへ本音 「2人で番組に来られても…」

有吉弘行、復活したアンタッチャブルへ本音 「2人で番組に来られても…」

8日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、コンビでの活動を再開し裏番組の『THE MANZAI』(フジテレビ系)に出演するアンタッチャブルに、有吉弘行らしい皮肉交じりの言葉を贈った。


?アンタ復活

女性問題などで芸能活動を休止したアンタッチャブルのツッコミ担当・柴田英嗣。これを機にコンビとしての活動も休止、柴田の活動再開後もコンビでの共演はなかった。

ボケ担当・ザキヤマこと山崎弘也が拒絶しているとの見方もされてきた同コンビだが、『全力! 脱力タイムズ』で突然のコンビ復活。10年ぶりに『THE MANZAI』で新作漫才を披露すると発表。お笑いファンのみならず、大きな注目を集めている。


関連記事:爆問太田、アンタッチャブル復活劇を柴田に詰問 「本当は知ってたんだろ?」

?有吉も裏番組で言及

『THE MANZAI』の裏で生放送のラジオ番組に出演していた有吉は、「そういやアンタッチャブル、今日、漫才やってるんじゃない?」と同話題に言及。「大体、同期ぐらい。どうするんだろう、2人でやんのかね」と今後のコンビ活動への疑問を口にする。

漫才は勝手にやればいいとしながらも、テレビ番組へのコンビでの出演には「2人でこられてもうるさい」と笑いながら不満をあらわに。

「自分たちの番組やってもらわないと」「一人でもうるさいのに、一人一人うるさいからね」と有吉らしく文句を言いながら、2人の新たな門出を祝った。

?リスナーは有吉を理解

ザキヤマと柴田、それぞれと共演しながらこの10年間を過ごしてきた有吉。口では文句を言いつつも、その復活を誰よりも喜んでいるだろう。

リスナーもそんな有吉の本心を感じ取りながら、「軍人(有吉)らしいエール好き」「とはいえ復活はめでたい」と、アンタッチャブルの再始動に関する感想を寄せていた。


?約2割が「大人になってから絶交した」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,352名を対象に調査したところ、約2割が「大人になってから絶交したことがある」と回答している。

一時は「絶交」状態とも噂されてきたアンタッチャブルだが、復活前には柴田がザキヤマとの現在の関係を吐露する場面もあり雪解けを感じさせていた。大人になってからの仲直りには、子供のころよりどうしても長い時間が必要だったのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年3月18日〜2016年3月22日
対象:全国20代〜60代の男女1352名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)