椿鬼奴、過酷なロケで号泣 恐怖のあまり放った「水の呼吸」が話題

椿鬼奴、過酷なロケで号泣 恐怖のあまり放った「水の呼吸」が話題

椿鬼奴、過酷なロケで号泣 恐怖のあまり放った「水の呼吸」が話題

8日に放送されたTV番組『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)にて、お笑いタレントの椿鬼奴が過激なアクティビティに挑戦。恐怖に怯える最中に放たれたある言葉が、SNS上で大きな話題となっている。


■恐怖のあまり涙

毎年恒例のカレンダープロジェクトの撮影でスロベニアを訪れた一行は、道中「ロシアンスウィング」というアクティビティに挑めと指令を受けていた。これは湖の上に建てられた巨大なブランコの前後に二人で立ち、3を数えたタイミングでそのまま水中にダイブするという危険なもの。最初に挑戦したガンバレル―ヤのよしことまひるは難なくこなしたものの、椿は涙を流しながら「怖い…」と震え、しばらく動けなくなってしまう。


関連記事:『イッテQ』椿鬼奴の容姿の変化に驚きの声 「あれ?」「メイクが…」

■乗り越えられたのはとある作品のおかげ

その後椿は、「水の呼吸 弐ノ型」と呟き、見事にジャンプを成功させる。この台詞は現在週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画『鬼滅の刃』の主人公の技名で、椿は現在この作品にどハマりしていることが説明された。

本作を連載初期から好きだと公言している椿は、スタジオでも「鬼滅の刃が無かったら乗り越えられなかったと思う」「炭治郎っていう主役が長男だから頑張れるっていうことばあるんですけど、私も長女だから頑張ろうって思って乗り越えることが出来ました」と熱弁する。耳には主人公の炭治郎が劇中でつけている耳飾りを光らせていたことからも、彼女の熱量が感じられただろう。

そんな椿のオタクぶりに、宮川大輔は「聞いてもわかりませんね」と呆れ顔を見せ、スタジオからの笑いを誘っていた。


■インスタグラムでも愛が炸裂

放送終了後、椿は自身のインスタグラムに「イッテQありがとうございました!」とビールを飲んでいる最中のショットを掲載。耳には例の耳飾りがぶら下がっている他、劇中の隊長格が「柱」と呼ばれていることから「酒柱より」とお茶目な一言も追加されている。

View this post on Instagram

#椿鬼奴 #鬼滅の刃 #酒柱 #炭次郎 〜〜?

A post shared by 椿鬼奴 (@tsubakioniyakko) on Dec 8, 2019 at 4:15am PST


■「愛が伝わる」と好評の声

一連の展開を受け、放送終了後のツイッターでは「椿鬼奴」がトレンド入りを果たしたほか、「急にぶっこんできたww」「連載初期からファンなのガチで良い」「鬼滅愛めっちゃ伝わる」といった歓声が殺到。その他にも「椿鬼奴とかもう名前が鬼滅の刃」「作中に出てきそうな名前」などユーモアあふれるコメントも多数見受けられた。

今後も大好きな『鬼滅の刃』を胸に、過酷なロケに負けず活躍してほしい。

(文/しらべぇ編集部・AKO)

関連記事(外部サイト)