末期がん患う母親に依存され逃げられない女性 「家を出たい」と葛藤するように

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 20代女性は末期がんの母親の世話だけを強いられてきたが、母親の依存から逃れたいと思い始めた。
  • 医療や介護サービスを利用したいと言うが、実母を捨てられなかった過去から母親は拒んだ。女性の体力も限界に達しつつある。
  • Redditに心の叫びを投稿した女性に、ユーザーからは支援団体に相談し母親の世話を確保した上での同居解消を提案された。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ストレスのある女性

父親も姉もいるのに、たったひとりで母親の世話を続けてきた20代の女性。家を出たい、でも母親を捨てたいわけではないと葛藤し、ネット掲示板に悩みを書き込んだ。

 

■親の世話に追われる日々

現在22歳の女性は、子供の頃から病弱な母親の世話に追われてきた。父親はいるが別居しており、姉たちも家を出てしまったため、料理、掃除、母親の薬の管理なども女性が全てこなしてきたのだ。

「母が頼れるのは、私ただひとり」というプレッシャーに耐える女性に、母親は追い打ちをかけ続ける。数年前には末期がんと診断されたが、「親の世話は子供がするもの」という考えに固執し、医療や介護の専門家に頼ることすら嫌がった。

 

関連記事:20代女性が要介護の母親と激突し見放す決意 家族の理解を得られずショック

■母親の生い立ち

訪問看護師や介護士を頼みたいと伝えても、母親は「他人に私の世話を押し付けたいだけでしょう」とひねくれる。それには、母親の生い立ちも関係しているようだ。

母親は幼い頃に自分勝手な実母に捨てられ、里親に育てられた。その後に実母と再会したが、子供だからといって優先してもらえることはない。愛情をかけられずに育った母親は、捨てられることを極端に恐れて生きてきたのだった。

女性もそれを理解してはいるが、「なぜ父や姉さんに頼らないの」「福祉サービスを利用してほしい」という気持ちは禁じ得ない。母親を助けるため同居し続けてきたせいで、誰もが女性を母親専属のケアラーのように扱うのだ。

 

関連記事:20代女性が要介護の母親と激突し見放す決意 家族の理解を得られずショック

■同居解消も視野に

体調悪化と体の痛みに苦しむ母は、「助けて、どうにかしてよ」と大声で怒鳴り散らすが、女性にはどうすることもできない。そこで必死に説得して病院に行かせたが、翌日に帰宅した母親は看護師に対する不満をぶちまけ女性を困らせた。

「もう疲れたよ」と本音を伝えたが、母親は「私のことを憎んでいるのね」と言うばかり。こうなったら家を出るしかない。自分が去れば医療のプロに頼むしかなくなるし、そうなれば自分にはできないケアに期待できる。そう考える一方で罪悪感に苛まれている女性が、ネット掲示板『Reddit』に投稿し、アドバイスを求めた。

 

関連記事:職場復帰を前に実母に子供の世話を頼んだ女性 「子守り代を出して」と言われ困惑

■「支援団体に相談を」と助言

投稿を読んだユーザーらは、「まずは近くの支援団体に相談してほしい」「あなたはお母さんに十分尽くしたはず」「本当に気の毒でならない」といった意見を書き込んでいる。

あるユーザーは「同居を解消すれば家族から責められるかもしれないけれど、お母さんを捨てるわけじゃない」と書き、家族とうまく協力して母親を支えることを提案した。

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?