流行りのバナナブレッドは簡単に作れる。食物繊維たっぷり

流行りのバナナブレッドは簡単に作れる。食物繊維たっぷり

流行りのバナナブレッドは簡単に作れる。食物繊維たっぷりの画像

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。

 外出自粛になって以来、運動不足に悩んでいる方も多いですよね。動かな過ぎて便秘になってしまった方もいるのでは? そこで、今回は流行りの炊飯器ケーキを食物繊維たっぷりの材料で作ってみようと思います。

※編集部注:最近の炊飯器には「調理コース」搭載のものもありますが、「炊飯コース」しかない炊飯器で他の料理をするのは、事故や故障のもとになるとメーカーは注意を促しています。詳細は取扱説明書などでご確認ください。

◆オートミールは食物繊維たっぷり

 使うのは、食物繊維たっぷりの米粉とバナナとオートミール。

 いずれも便秘対策食材としても、とても有名ですよね。さらに米粉は言わずと知れたグルテンフリー食材ですし、バナナは自然な甘さとミネラルがたっぷり。

 とはいえ、今回イチオシの素材は、実はオートミールです。というのも、オートミールには女性に優しい要素が満載で、食物繊維は玄米のおよそ3倍。さらに、ビタミンB1やB2、カルシウムなどのミネラルが豊富なだけでなく、タンパク質も玄米の2倍。最近ではプロテインの材料にもなっているほどなのです。

 ただ、オートミールはそのまま食べるには味がビミョー。そこでバナナブレッドやケーキなどに取り入れると手軽です。今回は、炊飯器を使って簡単に作っていきましょう。

 なお、炊飯器で作る場合は「量が多い」「味が単調」と言う声も良く聞きます。そこで今回はミスドのポンデケージョのような形で、6つの味を一気に少量ずつ作ります。

◆バナナブレッドの材料はこちら

 では、材料から。

■バナナブレッド(炊飯器1個分)材料■

・米粉 100g

・オートミール 50g

・ベーキングパウダー 小さじ1

(ない場合は、卵白1個分を泡立てるか、重曹+酢で代用する。その場合の分量は、重曹1g、酢少々でOK)

・バナナ 1本

・卵 1個

・オリーブオイル 大さじ1

・メープルシロップ(なければはちみつ) 大さじ1

・水または豆乳 大さじ1

A・無塩ミックスナッツひとつかみ分(多めでもOK)

B・カカオ95%チョコ2かけ(多めでもOK)

C・プロセスチーズ1個(多めでもOK)

※A〜Cの材料は好みでOK

<用意するもの>

・炊飯器

・ボール2個(あれば。ない場合には、深めの容器2個でOK)

・クッキングシート(あれば。ない場合には、炊飯器に直接オイルすればOK)

・ビニール袋

・水、オイル(分量外)

 続いては、作り方です。

◆完成までの10ステップ

【1】オートミール、ナッツをそれぞれ別のビニール袋に入れて、固いもので砕いておく。

※ナッツはざっくりでOK。チョコとチーズは包丁などでカットしておく。

【2】ボウルに米粉、ベーキングパウダー、オリーブオイル、メープルシロップを入れ、さらにバナナをつぶしながら入れる。

※なお、ベーキングパウダーが手に入らない場合は、卵を卵黄と卵白に分けて、卵白をしっかり泡立てて使うか、食用の重曹+酢で代用する。卵白を使う場合には、この段階で卵黄を加え、泡立てた卵白は【3】の段階で加える。

【3】別のボウルに卵を割り入れたら、【2】に加え軽く混ぜて一つの塊にする。固まりにくい場合には、水または豆乳を少しずつ加えてゆく。

※卵白を泡立てる場合は、ここで泡立てた卵白を加える。

【4】上記【3】を2等分し、半分にオートミールを入れる。

【5】それぞれをさらに3等分し、6個の塊にしたら、好みで「ナッツ」「ナッツチョコ」「チーズ」味を作る。具材は多めに入れると美味しいので、好みで多くしてもOK。

【6】炊飯器を用意し、キッチンペーパーを中ブタのサイズに合わせてざっくり切り、オイル(分量外)を塗った上に乗せる。

*後で取り出しやすくするためです。なお、キッチンペーパーがない場合には、塊を直接置いてもOK。

【7】上記【6】に【5】を入れる。6つの塊はくっついてもOK。ミスドのポンデケージョのような形がイメージですが、全部くっついても問題ないです。

【8】炊飯器をセットして、スイッチを入れる。

【9】炊けたら、箸などで中に火が通ったかチェック。たいていの炊飯器で1回では焼けないので、再度炊飯にする。

※なお、キッチンペーパーに置いた側が程よく焼けていたら、裏返してもOK。

【10】炊けたところで完成!

◆上手に作るコツとアレンジ方法

 完成品がこちらです。スコーン状のものが6つ。それぞれ味違いでできました。

 米粉のみのものと(ナッツ、チョコナッツ、チーズ)、オートミール入りのもの(ナッツ、チョコナッツ、チーズ)です。

 なお、ここで注意点が一つ。

 ぱっと見がスコーンぽいのでぱくっと食べてしまいたくなりますが、これは重めのケーキと言うかパンに近いものなのです。一気に食べると口の中の水分が失われてしまうので注意です。

 特にオートミールの入っているほうはより水分が少ないので、薄めにスライスして、クリームやヨーグルト、メープルシロップなどをかけていただくのがオススメです。

 さらに、薄めにスライスしてラップに巻いて冷凍保存しておくと、レンジで手軽に解凍できます。固めに作ると、少しクッキー近い食感にすることもできます。

 また、柔らかく作りたい場合は、オートミールをそのまま入れずに分量外にしていた水または豆乳でふやかしてから加えるといいでしょう。

 逆に固めに仕上げてスナック感覚で楽しみたい場合には、ナッツをかなり多めに、しかもあまり砕かずに入れると、ザクザク美味しく仕上がります。

 …以上、食物繊維たっぷりのバナナブレッドをご紹介しました。炊飯器で作るおやつは、簡単に作れるのがいいところ。作り方は基本的には、混ぜて炊飯すればOK。いろいろな材料を試して自分好みを探していきましょう。

―「美活(今さら)始めました」―

<文・写真/にらさわあきこ>

【にらさわあきこ】

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク〜に綺麗になろう!』

関連記事(外部サイト)