『M』の怪演も絶好調。田中みな実のストイック名言ベスト5

『M』の怪演も絶好調。田中みな実のストイック名言ベスト5

田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』(宝島社)

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で、多くの春ドラマの放送開始が延期されるなか、いま最も勢いがあるといっても過言ではないドラマが『M 愛すべき人がいて』。

 平成の歌姫・浜崎あゆみの半生を描いた自伝的フィクションドラマですが、主役のあゆや、あゆを見出すプロデューサー・MAXマサを完全に食う勢いで注目されているのが、フリーアナウンサーの田中みな実さんです。

美人秘書・姫野礼香役として、「みかんの皮?」とも「鳩サブレ!?」ともツッコまれた奇妙な眼帯を身につけての怪演は、彼女が今まで築き上げてきたイメージとはかけ離れているような気も……。しかし、田中みな実マニアの一般人としてテレビ番組に出演した経験もあるアリサさん(@ars_625)は、「女優業は結構役を選ばずに、幅広く挑戦しているんですよね。怪演とも言われていますが、それも視聴者に喜んでもらえるように役柄をまっとうしているがゆえのこと。根底にあるのはストイックさとサービス精神なんですよ」と絶賛。確かに、日々の努力によって美しい見た目をキープしつつ、全力でヤバい女を演じ切る田中みな実さんの姿には清々しさすら感じます。

 彼女の考え方を参考にすれば、私たちも美のカリスマに一歩近づける……かはわかりませんが、アリサさんに、田中みな実さんの生き様、ストイックさが伝わる「田中みな実の名言ベスト5」を教えていただきました。(以下「」内はアリサさんのコメント)

◆「おっぱいまでが顔」(『しゃべくり007』日本テレビ系、19年11月25日放送)

 まずは田中みな実の名言といえばコレ!とたびたび話題になるのが「顔だけでなく首やデコルテ、おっぱいまでしっかり保湿する」という意図で口にしたこのひと言。

「もともとみな実ちゃんが雑誌でもよく話していたことなんですが、人気番組『しゃべくり007』で紹介されたことで今ではすっかり有名な名言になりました。しっかり私も見習って実践してます(笑)。化粧水を顔だけにしかつけない人も多いですが、意外と人って首やデコルテまで見ているんですよね。なので、美容に気を使う方はぜひチャレンジしていただきたいです! 『常に人に見られているという意識を』そんなことも提言している、みな実ちゃんの美意識をしっかり感じます」

 美意識の高さはもちろん、「おっぱいまでが顔」というインパクトあるワーディングセンス、サービス精神もさすがですよね。ちなみに、普通は顔にしか塗らないハイライトですが、田中みな実さんは何と耳の裏にまで塗っているそうです。後ろから見られたときのことも気にしているとは!

◆「完璧じゃない自分を受け入れる」(『MAQUIA』集英社刊、2019年6月号)

 世間の女子が聞いたら「一体どこが完璧じゃないの?」と思ってしまいそうな気もしますが、「例えば、足の長さは伸びないからお尻を鍛えて位置を上げて長く見せよう、とか、コンプレックスを受け入れたからこそできる努力をしてるんですって」とのこと。 

 今でこそ美のカリスマとして崇められる彼女ですが、フリーになった当初は、キャラが定まりきらず苦戦していた時期もありました。

「本人は最初からもっと活躍できると思ってたみたいなんですが、現実はそうでもなくて、そのときに自分に過度な期待をしないこと、って達観したみたいなんです。なるほどな、そんなに張り切りすぎなくてもいいんだって肩の力が抜ける言葉で好きですね」

 コンプレックスは人それぞれですが、「何が自分のコンプレックスになっているのかを分析して、そのうえで自分ができる努力の方法を考えてみる」というのは確かに実践的ですね。

◆「出る杭は打たれるからどんどん出る」(『ダウンタウンなう』フジテレビ系、18年12月14日放送)

「みな実ちゃんはいわゆる“ぶりっこ女子”の象徴のように思われがちですが、実は群れずに生きていける人、群れないことで叩かれても平気という強い信念を持っている人だということを表している言葉だと思います。『学生時代はいつも体育館の裏でひとりでお弁当を食べていた』『周りに同調したところで自分の進路が良くなるわけじゃない』とも話していました。私は人の目をすごく気にしてしまうタイプなので、こうなりたいな、かっこいいなと憧れました」

 群れずに自分のやるべきことにストイックに打ち込むという点は、アナウンススクール時代に指導を担当したフリーアナウンサーの吉川美代子さんも過去にテレビ番組(『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』19年8月10日放送)で絶賛。通っているうちに友達同士になってしまいがちなアナウンススクールですが、彼女は群れずにひとり早口言葉をの練習をしていたそうです。

◆「大人数の飲み会には行かない」(『今夜くらべてみました』日本テレビ系、20年2月19日放送)

 続いては「行くとその場しのぎのホステスのようになってしまって、家に帰ってから後悔するだけだから」という理由で紹介されたひとこと「大人数の飲み会には行かない」。

「私自身は誘っていただいたら予定がない限りは行くように心がけているのですが……実際にそういう場面で『ああ、消費されているな』と虚しくなることがあります。ホステス扱いというか、接待要員というか……」

 これは、多くの女子が共感するのではないでしょうか。会社の飲み会だったり、断りづらい相手だったりということで、実際にはなかなか断れない女子も多いかもしれませんが、『無理して毎回行かなくてもいいんだ!』という勇気が湧いてきますね。

「いざそういった飲み会の場に行くと『田中みな実』を演じなきゃいけないんだろうな〜って。私ですら望まれたキャラクターを演じるときがあるし、どれだけキラキラして見えても同じ悩みを抱える人間なんだなと思わせてくれます」

◆「寝る直前まで、起きてすぐ、仕事合間におうちに帰って……田中みな実田中みな実田中みな実田中みな実(笑)」(田中みな実写真集【公式】インスタグラムより)

 最後は写真集公式インスタグラムからの言葉をご紹介。

「みな実ちゃんは写真集のお渡し会でサイン入りポストカードを配ったのですが、その時の準備の時の言葉。何と1万枚以上のサインを書いたそうです。1万枚のサインって聞いたことないんですけど、普通やらないですよね?」

 確かに、サインの数としては異例の多さですね。

「既にベストセラーになっているのに、寝る間を惜しんで丁寧にサインを用意してひとりひとりに渡してくれる優しさ、そしてプロ意識! ファンを大切にしてくれるんだなあ…と実感させてくれた言葉。より愛が深まりました!」

 インスタグラムを見ていると、カメラマンやヘアメイク、編集者、現地でのドライバーへの感謝はもちろん、写真集の印刷を担当した印刷会社を訪れて現場スタッフにもお礼を伝えるなど、スタッフへの気遣いが徹底されているのも印象的でした。

 共通しているのはたゆまぬ努力と、いわゆるぶりっことは正反対の意志の強さ。話題のドラマ『M』では、眼帯の美人秘書・姫野礼香はアユへの嫉妬のあまり回を追うごとに行動がエスカレート。新型コロナウィルス感染拡大の影響で撮影スケジュールに変更が生じているために、現在第3話以降の放送は未定でダイジェスト版の放送となっていますが、「礼香が会社の専務室で、ウェディングドレス姿でMAXマサを待ち構えている」という狂気に満ちた4話目の予告シーンも話題となりました。ストイックゆえの超絶演技からもますます目が離せません!

<取材・文/庄司ライカ>

関連記事(外部サイト)