お花の定期便サブスクが可愛い。お部屋がパッと華やかに

お花の定期便サブスクが可愛い。お部屋がパッと華やかに

「霽れと褻」から届いた花

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。美活を効果的にするためにも、意識したいのが心の平穏でしょう。落ち込んでいると、何をやっても効果なかったりしますから。

 ですが、バイオリズムや人間関係などで乱されるのが女性の平穏。そこで、どんな時でも気分をハッピーに戻してくれる方法を知っておくのがオススメです。ということで、今回は気分をハッピーにしてくれる自分へのギフト、お花の定額制サービス(サブスクリプション)をご紹介していきましょう。

◆センス抜群の『霽れと褻(ハレとケ)』

 ギフトサービスはすっかり定着しましたが、自分に送るタイプも最近はバラエティに富んでいます。なかでもオススメしたいのが、特別感のあるお花の定期便。

 都内で「ex.flower shop&laboratory」という花屋を営んでいるBOTANIC Inc.がおこなうお花と新聞の定期便サービス(月額3000円+税、送料込み)がとてもセンスが良いのです。

『霽れと褻(ハレとケ)』というサービスで、ウェブから申し込みをすると、毎月素敵なお花と新聞が送られてきます。お花はスタッフの方が農家をめぐって選んだ、市場にあまり流通していない、目を見張るような美しいものや日持ちがいいものが中心。

 候補日を選んで受け取りの日時を指定すると、その日時に合わせて農家の方がお花を摘んでくれるのです。

 つまり最高にフレッシュな状態で届けられるということですし、“自分のために”摘んでもらったお花が届けられるということです。これがことのほか嬉しくて、お花を愛でる気持ちが一層強くなるように感じます。

 またお花と一緒に届けられる新聞にはお花の説明や農家の方のインタビューが載っているので、届けられたお花をより身近に感じることができます。正しいお手入れ方法や飾り方なども紹介されているので、お花をより長くいろんな風に楽しめてとてもためになりました。

◆リーズナブルな日比谷花壇の『ハナノヒ』

 続いては、全国に店舗を展開している日比谷花壇が始めたサービス『ハナノヒ』。リーズナブルでとても利用しやすいのです。

 アプリからプランを選んで入金する定額サービスで、プランは4つ。もっともリーズナブルなのが、月額1187円(税別)の「イイハナプラン」。このお値段で毎日1本、日比谷花壇のお花が店頭で受け取れるのです。つまり31日ある月ならお花1本が38円。…激安ではないですか?

『ハナノヒ』は他のプランもリーズナブルなので、気になる方はHPをチェックしてみてください。ただし店頭で受け取るものなので、行動範囲の近くにサービスを行っている店舗があるかのチェックも忘れずに行いましょう。

…以上、お花の定額サービスを2つご紹介しました。

 実は、私がこれらのお花サービスを利用し始めたのは、外出自粛になる少し前でした。その後、自宅にこもりがちになったのですが、家に美しい花があるだけでこんなに心が和むのかと、とても助けられました。それほどお花の力って凄いのでしょうし、それだけ素敵なお花を届けていただけたのなと思います。

 気軽にお花を楽しめるサービスは、思いのほか助けになるので、心にとどめて置いて損はないと感じました。

―「美活(今さら)始めました」―

<文・写真/にらさわあきこ>

【にらさわあきこ】

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク〜に綺麗になろう!』

関連記事(外部サイト)