大橋未歩アナの湯上り姿に反響。“ほぼすっぴん”をさらしたアラフォー5人

大橋未歩アナの湯上り姿に反響。“ほぼすっぴん”をさらしたアラフォー5人

(画像:大橋未歩アナのInstagramより)

 5月31日、元テレビ東京アナウンサー・大橋未歩アナ(41)が自身のインスタグラムでお風呂上がりのすっぴん画像を公開して話題になりました。

 髪をまとめる「ヘアラップ」なるものをおすすめしているこの投稿は「大人の色気」「透きとおってる」など大きな反響を呼びました。

 新型コロナ拡大により自宅にいる時間が増えたからか、女性芸能人が続々とSNSですっぴんを公開している今日この頃。そこで今回は、これまでにSNSでアラフォーとは思えぬ美しいすっぴんを見せた女性芸能人5名を紹介します。

◆柴咲コウ

 女優・歌手として活躍し、現在NHKの連続テレビ小説『エール』にも出演している柴咲コウさん(38)。

 今年の春にはデビューの頃から在籍していた事務所を退社。個人事務所Les Trois Graces〈レトロワグラース〉を設立し、社長として新たな道を歩んだ彼女。女性として、人間としての魅力が年々増す柴咲さんが、2018年に投稿したすっぴん画像は伝説級の美しさです。

 室内のプールサイドで、顔をビショビショに濡らした(おそらく)すっぴんの写真には、「コウちゃん、すっぴんでもかわいい」「写真のテーマは、自然美なのかな〜なんて思いました。きれいです」という声が続々寄せられました。

 なかには「同じ投稿に載せた愛猫のえるちゃんとソックリ!!」という声も。たしかに、凛としたのえるちゃんの眼差しと似ている印象です。ペットは飼い主に似るといいますが、こんなに美しくなれるなら、柴咲コウの飼い猫になりたかった……。

◆長谷川京子

 女性ファッション誌『CanCam』専属モデル時代に人気を博し、“ハセキョー”の愛称で親しまれた女優の長谷川京子さん(41)。

 2008年にポルノグラフィティのギタリスト新藤晴一さんと結婚し、男児と女児を出産。二児の母とは思えないバツグンのプロポーションを保ち、今や女優だけでなく『グータンヌーボ2』(関西テレビ)のMCなどバラエティ番組でも活躍しています。

 長谷川さんは度々Instagramですっぴんを投稿するほか、テレビ番組でも惜しげも無くすっぴんを公開。2019年11月に『櫻井・有吉THE夜会』でプライベートでトレーニングに通う様子が放送された際には、「ジム行くのにお化粧必要ない」とノーメイクで登場。SNSでは「すっぴんクオリティ半端ない」と話題になったほか、スタジオの有吉弘行さんも「すっぴん!?」と驚愕していました。

◆高岡早紀

 女優や歌手として活躍し、今年デビュー32周年目を迎えた高岡早紀さん(47)。

 息子2人と娘1人の母である高岡さんは、“悪女が似合う女優”のイメージを持つ人も多いですが、数々の濡れ場にも体当たりで挑んでいます。

 年を重ねるごとに色気が増す高岡さんですが、今年5月に投稿した愛犬とのツーショットでは純朴なすっぴん姿を披露。

「早紀さんお肌ピカピカ!」「すっぴんも綺麗」「憧れの女性」「ごちそうさまです!」と大絶賛コメントが多く寄せられました。

 これまで、数々の浮名を流してきた高岡さん。最近では1人のパートナーとの長年にわたる交際が報じられていますが、絶えず恋をしていることが美容の秘訣なのかもしれません。

◆浜崎あゆみ

 平成時代を代表する歌姫である“あゆ”こと浜崎あゆみさん(41)。昨年は極秘出産して一児の母となったことや、エイベックスの会長・松浦勝人さんとの過去の恋仲を暴露するなど、話題が尽きません。

 Instagramではあまりプライベートを公開しない浜崎さんですが、今年5月には“ほぼすっぴん”写真を投稿し、ファンを歓喜させました。

 お風呂上がりで頬を赤くしている自然体のショットに「あゆかわいすぎる」など絶賛コメントが寄せられました。ですが、一方で「コレをスッピンとか言うのは男。女なら化粧ってすぐ分かる」などという辛らつな声も……。

 たしかに完全なすっぴん姿ではなさそうですが、流行りの顔加工はほとんどしていないように見え、ツヤツヤな肌であることは明らか。本人も“すっぴん”と謳っているわけではありませんし、批判もほどほどにしてほしいものですね。

◆蛯原友里

『CanCam』の専属モデルとして、押切もえさんらと人気を集めた蛯原友里さん(40)。“エビちゃんブーム”は最近のことのように思えますが、なんと15年ほど前というから驚きです。

 2009年にRIP SLYMEのメンバー・ILMARIさんと結婚し、2015年に第一子を出産。一児の母となった後もモデルとして確固とした人気を得ている彼女は今年5月、すっぴんにしか見えないショットを公開。

 実は“おうちメイク”なるナチュラルメイクだったそうで、それを明かした投稿には「なぜほうれい線ないの?毛穴はどこへ?」「海老ちゃん世界一可愛いオカン」という声が寄せられていました。

 近年は日本メディカルハーブ協会認定「ハーバルセラピスト」の資格を活かして『きれいになるハーブ〜おしゃれに暮らす幸せレシピ〜』(小学館、2015年)を出版するなど、美しさを保つヒントを提供しているエビちゃん。

 女性が憧れる理想の女性として今後も目が離せません。

 美しいすっぴん姿を見ると、美容へのモチベーションが上がる女性も多いのではないのでしょうか。SNSですっぴんを公開している女性芸能人たちは、おそらく並大抵ならぬ努力をして美貌を保っているはず。おうち時間が多い今だからこそ、この機に美容に力を入れてはいかがでしょうか。

<文/るしやま>

関連記事(外部サイト)