夏こそ着たいラブリーな“つなぎ”インナー。トイレで困らないための注意点とは?

夏こそ着たいラブリーな“つなぎ”インナー。トイレで困らないための注意点とは?

夏こそ着たいラブリーな“つなぎ”インナー。トイレで困らないための注意点とは?の画像

 みなさま「ボディ」「テディ」ってご存知ですか? いずれもバレエのレオタードのように上下が繋がっているアイテムです。補整効果の高いファンデーションではなくランジェリーの分類に入るアイテムなので、ファッションにおいてシルエットを邪魔せずとても便利なんです。

 ファストファッションブランドをはじめ、これらを展開しているブランドも増えてきて、洋服として可愛く着こなせるアイテムも出てきました。今回は、おすすめのボディとテディをご紹介していきます!

◆ボディとテディはどう違うの?

【ボディ】

キャミソールとショーツが一体化した形で、バレエのレオタードのようなタイプ。ボディスーツと表記される場合もあります。ワコールやトリンプなどから出ているボディスーツは補整効果が高いものが多いですが、この記事ではランジェリー(装飾を楽しむ)寄りのボディ、テディ、ボディスーツをご紹介していきます。

【テディ】

キャミソールにキュロットペチコートやペチパンツのような丈の短いフレアパンツがついたものです。下着感が軽減され、部屋着やナイティとしても使えます。

◆洋服を選ばない優秀インナー。お腹も冷えにくい!

 ボディやテディの最大のメリットは、ウエストで上下が分かれていないのでお腹が冷えにくく、また洋服を着たときにウエストで段差ができたり生地が余ったりすることがないため体にフィットしやすい、というところです。

 ボディはスカートでもパンツでも合わせやすいので洋服を選びません。テディは少し裾がフレアタイプになっているものが多いので、スカートやワンピースと合わせるのがオススメです。フィットするタイプではなくボリュームがあるものはナイティにすることで、寝ている時の気づかぬ捲れ(まくれ)によるお腹の冷え防止にも繋がります。

◆「ボディ」のおすすめブランド2選!

 ボディはカップ付きで1枚で着ることができるものにすると、その上に羽織るだけで良いので楽で涼しいです。

※以下、価格はすべて税込みです。

●Chut! INTIMATES(シュット! インティメイツ)

 インポートライクなデザインが豊富なブランド「Chut! INTIMATES」。中でも、モデル兼スタイリストのベイカー恵利沙さんとコラボをした「BODY TEDDY w/ベイカー恵利沙_C289」(6,380円)は、入荷してすぐサイズ欠けになるほどの人気商品。現在はライトグレーのみ在庫が復活しています。

 通常ならウエストでインナーの境目が目立ってしまうタイトスカートでも、ボディ+スカートだけでシルエットの綺麗なファッションになります。

 こちらのボディはバスト部分が厚くなっているので1枚でも着用できますし、ストラップが太めのリボンなので下にブラジャーを着用してもストラップが見えません。また、綿100%なので肌に優しく、しっかり汗を吸ってくれるのもいですよね。(ただし洗濯して乾くのは遅いので要注意です)

●H&M(エイチアンドエム)

 海外ブランドのH&Mはボディの種類も豊富です。中でもオススメなのがカップ付きのタイプ。1枚で着用でき、Chut!のように洋服とも合わせやすいです。

「レースボディスーツ」(2,999円)などのレースタイプのならウエスト部分が透けるので、ヘソ出しのトップスに合わせても肌見せの抵抗感が少なく、ヘルシーに見せることができます。

◆ボディ、テディを買う前に“クロッチ部分”が開くか確認を!

 可愛いボディやテディと出会った時は、クロッチが開くか確認しましょう! クロッチが開かないタイプだとお手洗いの時に全部脱がないといけなくなってしまいます……。

◆ボディやテディに挑戦しにくい方には…

 いきなりボディやテディだと使いこなせるか不安な方には、上下が別れていてお部屋着やナイティとしても使えるランジェリーがおすすめです。キャミソールとタップパンツに分かれているタイプなら、別々でもセットアップでも使えて便利です。また、部屋着だけでなく洋服として合わせられるものもあります。

●Risa Magli(リサマリ)「エルシェ」

 キャミソールタイプのランジェリーを、普段着のトップスとして合わせても可愛いです。ストラップが細い場合は、ストラップレスタイプのブラと合わせるのがオススメです。

 お部屋で着ても、可愛くて気分が上がりますよね!

======

 ボディもテディも、フランスやイタリアなど海外ではたくさん売られていますが、日本ではまだまだポピュラーなアイテムではありません。しかし、最近は洋服に合わせやすいものが出てきているので、ぜひランジェリーファッションの一環として挑戦してみるのはいかがでしょうか? ファッションの幅が広がり、充実したランジェリーライフも送れること間違いなしです。

<文・イラスト/ちーちょろす>

【ちーちょろす】

下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteやTwitter、YouTubeで発信中。特技はサイズを当てること。趣味は下着屋さん巡り

関連記事(外部サイト)