朝ドラ『エール』休止で、1話から再放送。イケメン3人の“だらだら感”が見もの

朝ドラ『エール』休止で、1話から再放送。イケメン3人の“だらだら感”が見もの

画像提供NHK

 朝ドラこと連続テレビ小説「エール」(NHK総合)がコロナ禍によって制作が中断したため、ほぼ折り返し地点(13週)で放送休止に。6月29日(月)から改めて第1話から順に再放送されるという。

 なんですかそのリフレイン戦法は。

 大河ドラマ「麒麟がくる」は制作中断による放送休止期間は「麒麟がくるまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」として過去の名作の名場面を紹介する特別編という手間をかけている一方で、朝ドラはなぜまんま再放送なのか。

 それでなくてもBSでの放送、本放送、昼の再放送、夜の再放送と年がら年じゅう再放送しているにもかかわらず、さらにまた繰り返すとは。

 いまだからこそ、沢口靖子の「澪つくし」や、唐沢寿明と山口智子の結婚のきっかけになった「純ちゃんの応援歌」、内野聖陽がかっこいい「ふたりっ子」などによる朝ドラ名場面スペシャルをやってほしかった。

 もちろんコロナ禍で撮影が大変で、別の番組を作っているどころではないだろう。だが民放が再放送をそのまませずに特別編として手間をかける理由は、スポンサーへの配慮であるという。そう思うと、受信料を払っている我々にそのまま3ヶ月前に見たばかりのドラマをまた流すのはどういうことなんだろう。

……と一応、お約束的にぼやいておく(こういう小姑チェックを戦争時期のドラマの多い朝ドラに合わせて“国防婦人会トーク”と私は呼んでいる)。

 と、書いたところで、出演俳優による副音声がつくことが6月24日に発表された。山崎育三郎、松井玲奈、森山直太朗が順に副音声に登場する。当事者たちがどんな解説を入れてくれるか楽しみでもあるし、ベターな策であろう。

◆子役時代をまた見られるのは嬉しい

 再放送によって「エール」にいっそう愛着をもたせたいという狙いもわかる。何度も見てると愛着が沸いてしまうのが人間の性(さが)である。

 もっとも、「エール」の前半の主人公・裕一(窪田正孝)の子供時代は、子役の石田星空の可愛さが大好評であったので、また彼を見ることができるのは悪くない。あわせて、12週の特別編で再登場し13週でも活躍した、久志(山崎育三郎)の子供時代(山口太幹)や、その後、見る機会のない鉄男(中村蒼)の凛々しい子供時代(込江大牙)を再び見ることができることもうれしい。

 内向的だけど音楽にだけはひたむきな裕一、ガキ大将だけどじつは詩を愛する繊細な鉄男、そして、突然現れては大人びたことを言って突然消えてしまう謎めいた議員の息子・久志と子供時代の彼はキャッチーなキャラ付けがされていた。

 彼らが大人になると、作曲家・裕一、作詞家・鉄男、歌手・久志の「福島三羽ガラス」として活躍するという前情報だったので、ブロマンス風味もまぶした青春音楽ドラマになることを期待して、そんな記事も以前書いたことがある。

 ところが、ドラマが進むと、裕一と妻・音(二階堂ふみ)の夫婦の二人三脚ものの色が濃く(朝ドラですから)、大人になった久志も鉄男もなかなか出てこない。やっと出てきたと思ったら、裕一だけそこそこ作曲家として売れるが、鉄男も久志もくすぶったままに折り返し地点を迎えてしまった。

 成人した3人は3人で、窪田正孝、中村蒼、山崎育三郎と、とても魅力的な俳優が演じているのだが、子役たちの演技はもっと聡明だった。もちろん、人間は大人になっていくといろんな経験をして陰影がついていくもの。大人の俳優たちの演技の深みのせいで人間の陰影が現れ過ぎてしまっている。

◆「福島三羽ガラス」を早く羽ばたかせて!

 鉄男は新聞記者をやっていたが東京に出てきたものの(その間、悲恋エピもあり)、裕一と最初に組んでつくった「福島行進曲」が売れず、おでん屋をやりながら成人小説を書いたりしていた(この一節には笑わせてもらいました)。久志は音と同じ東京帝国音楽学校在学中は「プリンス」と呼ばれもてはやされながら、卒業したらただの人という感じに。

 帝都劇場のオペラの主演の座を後輩に先を越されてしまう(中断前の第13週)。久志が裕一の契約しているコロンブスレコードの新人歌手募集に応募して、ここからようやく「福島三羽ガラス」の時代か……というときに放送中断。

 早く三羽ガラスを羽ばたかせて! こんなことなら、最初からずっと冴えない3人がいつも集まってうだうだ語っているような、岡田将生と松坂桃李と柳楽優弥主演、宮藤官九郎脚本の「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系 2016年)みたいなドラマをやってほしかったなあなんて、おでん屋で3人が集まって会話しているのを見ながら思ってしまうのであった。

 すでにそういう側面はある。裕一のモデル・古関裕而が昭和を代表する名作曲家であるので、裕一が真摯に音楽に打ち込むドラマなのかと思っていたが、天才的な才能をもって流行歌をたくさん生み出した作曲家の、決して気負ってない日常(きれいな女の人には弱い、しっかり者の妻に頼ってる、子供には甘い、辛いことからは逃げがち、計画性はあまりない……など)のほうに焦点が当たっているような印象を受ける。

 偉人の偉人たるところをあえて描かない意欲作。それはそれでいい。なにしろ、もはや昭和の価値観は通用しない世の中である。パワハラ、セクハラ、モラハラにあっても耐え抜いて幸福を勝ち取るみたいなことはありえない。辛いことからは逃げていい。無理しなくていい。周囲の人たちと気遣いあいながら穏やかに生きていく。それが令和時代。

 なので、裕一も鉄男も久志も、一応時代設定は昭和初期、戦前ながら、無理して頑張ることを美点としてごりごり描かず、のんびりと。その代わり、3人が集まってだらだらしている会話を楽しく描くことが、脚本家の腕のみせどころになってくる。テンプレ的な、苦労のすえ勝利展開を描くよりも、登場人物が集まって会話するだけのほうが難しい。「エール」は難しいほうに挑んでいるのである。

◆濃い俳優をふたりも出して来たことが画期的

 楽しいドラマという点では、13週は、三羽ガラスの話に加え、プリンス久志とスター御手洗(古川雄大)のミュージカル俳優対決もあった。御手洗も「ミュージックティ(―チャー)」として「エール」の前半を盛り上げた人気キャラ。今回の再放送でまた彼の魅力を堪能できるだろうか。どこまで再放送が続くのかまだわからないのだが、御手洗パートは楽しいのでリピート歓迎である。

 古川は東宝ミュージカル「モーツァルト!」のタイトルロールを、プリンス久志こと山崎とダブルキャストで演じたこともあり、事務所も同じ(ついでに言えば、裕一の父・唐沢寿明も同じ事務所)。ドラマに舞台畑の濃い演技をする俳優がひとり出てきて、やや浮き気味に演じて盛り上げるという趣向は以前からあるが、「エール」では濃い俳優をふたりも出して来たことが画期的。

 ミュージカルのダブルキャストのように互いに個性を放ち合う面白さ(ダブルキャストは共演しないが)。東宝ミュージカル俳優がこんなふうに集結するのは古関裕而が東宝ミュージカルの曲を作っていて、そのつながりがあるのかなあという気もしないでない。

「エール」の放送が再開されたのちには、戦争がはじまって裕一は軍歌を作ることになるはず。そうすると、登場人物ものんびりもしていられないだろう。

 そこをどう描くか気になるが、代表作「オリンピックマーチ」をつくる前に、裕一が東宝のミュージカルや演劇の音楽をつくるエピソードをやって、山崎育三郎ほかミュージカル俳優たちをぜひとも生かしてほしいと期待している。ミュージカルのプリンスの最高峰・井上芳雄に出てほしい。

連続テレビ小説「エール」

月〜土 8:00(NHK総合)ほか

<文/木俣冬>

【木俣 冬】

フリーライター。ドラマ、映画、演劇などエンタメ作品に関するルポルタージュ、インタビュー、レビューなどを執筆。ノベライズも手がける。『みんなの朝ドラ』など著書多数、蜷川幸雄『身体的物語論』の企画構成など

関連記事(外部サイト)