ビジネスホテルで“昼だけ不倫”する男性、妻にはテレワークのためと言い…

ビジネスホテルで“昼だけ不倫”する男性、妻にはテレワークのためと言い…

ビジネスホテルで“昼だけ不倫”する男性、妻にはテレワークのためと言い…の画像

 コロナ禍の今、あちこちのビジネスホテルでテレワーク向けのデイユース(昼間だけの日帰り)プランが用意されているようです。

 ですが、中には本当にテレワークのため?という利用客もいるようで…。

 今回は、そんな男性2人のエピソードをご紹介しましょう。

◆リモートワークに集中するためと妻には言って、不倫相手と…

 梶原健治さん(仮名・40歳・会社員)は、リモートワークになりビジネスホテルのデイユースプランを利用するようになりました。

「妻(40歳)と娘(11歳)には、家での時間と、仕事は分けたいのでと言ってあります。時々帰りにスイーツを買って帰るので、ホテルに仕事に行く朝は妻に『期待してるから』と催促されるんですよ」

 そんな健治さんですが、実は他部署のN美さん(27歳)と不倫関係になり1年になるそうで…。

「週に4日程、高層階のホテルの部屋でN美と過ごしています。彼女、窓からの景色が良いとご機嫌になるので」

 N美さんと部屋で一緒に仕事をしたり、イチャイチャしたりして過ごしているそう。

「オンライン会議の時は、お互いに外に出るようにしています。N美と一緒に仕事をしていると、学生時代に女の子と図書館で勉強していた時みたいで嬉しいなとつい思ってしまいます」

 コロナ以前より、ずっと長く一緒に居られるようになった2人。

「妻と娘には悪いなと思っていますが、正直この生活がずっと続けばいいのになと考えてしまいます。昨日N美がおにぎりを作って持ってきてくれて、嬉しかったんですよね」

 まだまだ2人の秘密の逢瀬は続きそうです。続いては、ビジネスホテルきっかけで、夫婦ゲンカが減ったという男性の話です。

◆ホテルで懐かしい気持ちを思い出した

 永田博也さん(仮名・37歳・会社員)は、新型コロナウィルスの影響でテレワークになり3カ月になります。

「ですが、自宅には妻(31歳)と娘(3歳)が居て騒がしく、僕の個室もないので…とても仕事できる環境じゃないんですよ」

 なので、ビジネスホテルのデイユースプランを利用するようになったそう。

「毎日という訳にはいきませんが、週3日程ですかね。朝から夕方まで使えて、4000円位なんですよ」

 そして博也さんは、初めてデイユースプランを利用したホテルの部屋に入った時に、忘れていた懐かしい気持ちを思い出したそう。

「あ、そういえば…こんな風にひとりで過ごすの久しぶりだなと。部屋備え付けのドリップコーヒーを煎れながら、僕は独身の頃かなりコーヒーにはこだわりがあったのに、すっかり構わなくなってしまったなと気がついてしまって」

 結婚してからは、仕事や家庭の事でいっぱいいっぱいで、自分の時間なんてほとんど無かった博也さん。

「それから、ホテルの部屋で過ごす時間が僕の癒しで…なるべく仕事をササッと済ませて、持参したお気に入りのコーヒーを入れて、窓からの景色をボーッと眺めたりしています」

◆心に余裕ができて夫婦ゲンカが減った

 ホテル付近の飲食店で、テイクアウトしたランチを食べるのも楽しみのひとつだそう。

「今までランチなんて、蕎麦とかうどんで手早く済ませればいいやと思っていたのですが…あまり食べた事がなかったカフェのグリーンカレー弁当や、おしゃれな分厚いサンドウィッチを食べるのが新鮮で」

 ひとりで過ごす時間を手に入れたら、夫婦間での喧嘩も減ったのだとか。

◆妻にもひとりの時間をプレゼント

「以前はちょっとした事で喧嘩していましたが、今になってあれは心に余裕が無くて八つ当たりしていたんだなと気がついて、反省しています」

 なので今度は、妻にひとりの時間をプレゼントしようと考えた博也さん。

「僕が娘を見ているので、自分の時間を楽しんでおいでと妻に伝えたら、えらく喜ばれました。やっぱりそういう時間て大切ですよね」

<文&イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子】

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。

関連記事(外部サイト)