EXITりんたろー。プチ整形&12キロダイエット。美意識の高い男性5選

EXITりんたろー。プチ整形&12キロダイエット。美意識の高い男性5選

(画像:EXITりんたろー。Instagramより)

 お笑い第七世代の筆頭芸人でもあるEXITのりんたろー。が『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系 4月14日放送回)にてプチ整形を告白。顔面にボトックスを10本打ったうえに、歯の矯正もしているのだとか。

 さらに1ヶ月半で12kgのダイエットにも成功しており、5月31日のnoteにてその秘訣を詳細に記しています。

 もはや、美容は女性だけでなく男性にとっても必修科目?!徐々に世間に浸透し始めている男性美容をいち早く取り入れ、実行している美意識の高い男性芸能人たちは着実に増えています。今回は、その中でも特に注目を集めている方々の美容法をピックアップしました。

◆ROLAND(ローランド)化粧水は無印良品

 ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)。「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」の名言やホテルのスイートルームに居住するなどの豪華な生活ぶりも大きな話題になりました。

 美容においても、そのイメージに違わぬゴージャスさを想像していたのですが……これが意外!なんと、化粧水は無印良品のものを使用。ファンデーションもMAC(しかもあまりこだわりなし)と激セレブとまではいかない商品を愛用しているようです。

 ただし、日焼け止めと日傘は必須、お酒は飲まない、不味いものは食べないなど日々の生活の中で徹底した自己管理を行っている模様。日常的な鍛錬こそが美を生み出す典型と言える事例かもしれません。

◆Creepy Nuts R-指定 ニベア&ロレアルパリのヘアオイルを混ぜてヘアケア

 ロングヘアがトレードマークとも言える、HIP HOPユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)のR-指定。6月23日放送のラジオ番組『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』(ニッポン放送系)にて、ヘアケアへのこだわりを大いに語っていました。

 シャンプーをして洗い流した後、すぐにはリンスをつけずにタオルドライ。半乾きになって水気がなくなったところでリンスを馴染ませるそう(毛穴に詰まるのを防ぐためにリンスは毛先だけ)。シャンプーとリンスはラックスを愛用中です。

 リンスを流した後は、髪が半乾きの状態でニベアとロレアルパリのヘアオイルを混ぜて、あの独特のうねりを生み出しているのだとか。何もしないで放っておくと「ニンバス2000みたいなホウキ」のようになってしまうらしく、とても気を使っているのだそうです。

 その意外なこだわりっぷりには相棒であるDJ松永さんも驚いていました。

◆ロンドンブーツ1号2号 田村淳 VIO脱毛

 若手時代からオシャレ芸人といえばの代名詞でもあった、ロンドンブーツ1号2号の田村淳。6月28日、自身のTwitterでもう既に2年もの間、脱毛サロンに通っていたことを暴露していました。

 本人はVIOをしっかりツルツルにしたいようなのですが、未だに毛が無くならず、まばらに生えている模様。フォロワーの方々に向けて「どこか良い医療脱毛サロンがあれば教えてください。医療脱毛がいいです!」と呼びかけています。早く良いサロンが見つかりますように!

 ちなみに千鳥のノブやアキラ100%など、全身脱毛を行っている男性芸人はかなりいるようですね。裸になる機会が多い芸人さんにとっては、必須の美容なのかもしれません。

◆ジャングルポケット おたけ 整形・脱毛など芸人トップクラスの美意識

 意外かもしれませんが美意識の高さは芸人トップクラスとも言われているのが、トリオ芸人・ジャングルポケットのおたけ。2019年5月には『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)にて、公開プロポーズを成功させて話題になりました。

 そんな彼が整形をしたのは、まだまだ若手芸人だった2013年のこと。目と一重から二重に、さらに顎をシャープにしたとのこと。その理由については、トリオでの自分の立ち位置に悩んでいたためのネタ提供だったようですが、実際のところは変化が小さすぎてあまり気づかれることはなかったようです。

 しかし、その後も『アメトーーク』(テレビ朝日系)にてスマホのインカメで自分のヘアスタイルを何度も直していたり、顎のひげを抜くなど美容への探求心を伺わせる行動がちらほら。ひげだけでなく胸毛やアンダーヘアなどの脱毛にも通っていたことがTwitterにも投稿されていました。

 実はおたけ、芸人になる前は美容師だったそうです。その経歴を聞くと美意識の高さも納得かも……。

 今や男性が美容に興味を示すのは当たり前の世の中となっています。彼らの美意識の高さ、女性である我々も見習うべきところがあるかもしれませんね。

<文/もちづき千代子>

【もちづき千代子】

フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。

関連記事(外部サイト)