“失礼すぎる店員さん”にア然エピソード「買う気がうせました」

“失礼すぎる店員さん”にア然エピソード「買う気がうせました」

※写真はイメージです

<みきーるの女子マインド学>

 少しずつ様子を見ながら、お店でのショッピングを再開した、という方も多いかと思います。そんななか、今回は「この店では買わない!と思ってしまった」というお悩みをいただきました。

◆「肌が“お白くない”から似合わない」って言われた

「自粛期間中、ずっと我慢していましたが、気になっていた口紅を買いに行きました。新作は2色あって、可愛いなと思っていたピンクを買おうとしたら、店員さんに“お客様はイエベなので、こちらのオレンジのほうがいいですよ”と言われて……。

 えっ?と思ったけど、“ピンクでいいです”と言ったら、その店員さん、“お客様は肌があまりお白くないので、似合うほうをお勧めしたいです!”とまで言うんです。お白くなくて悪かったね!とムカついたし、悲しい気持ちになって、“もういいです!こちらでは買いません!”って帰ってきちゃいました。私は大人げないんでしょうか……?」(マイさん・25歳)

◆気に病む必要はなし!

 せっかくお買い物にいったのに、悲しい思いをされましたね。ネット通販もいいですが、化粧品や洋服などは実際の色味を見たり、売り場の雰囲気も楽しみながら臨むと気分も上がるもの。そんな気持ちに水を差されたら、お財布を開く気もなくなってしまうことでしょう。

 この店員さんは、もしかしたら使命感に燃え、「よかれ」と思って言ったのかもしれません。でも、お客様を残念な気持ちにさせてしまっては意味がありませんよね。

「お白くない」も失礼な物言いですし、どうしても別の色を推したかったのなら、「こちらのお色味も、お客様のお肌に映えそうです」とか、そんな感じの表現がよかったように思います。

 ですので、マイさんが“このお店でのお買い物を見送ったこと”を気に病む必要はないのでは。

「このお店では買わない!と憤慨した」というエピソードは時折いただくのですが、特に驚いたものをもう少しご紹介してみましょう。

◆「私のほうが似合いますよね?」って言われた

「入荷したばかりの一点物だというワンピースに一目惚れしました。試着もせず、即決で買います!と店員さんに渡したら、その店員さん、ワンピースを持って店奥に入っていき……。

 袋でも取りに行ったのかな? と思ったら、なんと自分がそのワンピースを着て“私のほうが似合いますよね!?”と言ってきたのです!! 何この人?と思いましたが、ここで諦めたら彼女の思うツボだと思って、“急ぐんで、早く包んでください”と言って買ってきました。ただ、この店には二度と行かなくなりました」(ユウカさん・27歳)

 これは本当にビックリです。その店員さんも同じワンピースを狙っていたのでしょうか? 買い物に行ってお店の方にマウントを取られるなんて思わないし、物悲しい気分になってしまいます……。

◆体型をバカにされた気がして店を出た

「好きなブランドがありまして、いつもとは違う店舗に行ってみました。細身のシルエットが人気なのはわかっていますが、“いちばん上のサイズを見せてください”と言ったら、店員さんに“お客様の身長ですと、7号が合うと思います。一応、11号までございますが、もっと背の高い方向けですので”と言われて絶句しました。

 小さいのは入らないから言ったのに……。サイズの大きさって、背の高さだけを考えたものじゃないでしょう? 間接的に“ぽっちゃりは遠慮して”と言われたようで、黙って店を出てきました」(カホさん・33歳)

 これまた驚愕の対応です。なぜこのような接客をされるのか理解に苦しみますね。この店員さんなりの“着てほしいお客様像”でもあったのでしょうか。いずれにしろ、気持ちよくいられる店舗で買ったほうがいいように思えます。

======

 今回ご紹介した店員さんたちが、どのようなお心持ちだったかわかりませんが、買い物はおたがい快適に済ませたいですよね。

 客として当然のマナー……たとえば“商品は大切に見せてもらう”、“他のお客様の迷惑にならないようにする”、“条件を満たしていないのに、しつこくサンプルやノベルティをねだらない”、“店員さんに上から目線の物言いをしない”など――をきちんと守っていれば、堂々としていていいはず。納得できない扱いに甘んじる必要はないと思いますよ。

 ところであなたは、「この店では買わない!」と思ったことはありますか……?

<文/みきーる>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラー?。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

関連記事(外部サイト)