「あと1人は無理…」2人目が欲しい夫をよそに子供グッズを大量処分した結果

「あと1人は無理…」2人目が欲しい夫をよそに子供グッズを大量処分した結果

「あと1人は無理…」2人目が欲しい夫をよそに子供グッズを大量処分した結果の画像

 コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令され、巣ごもりと呼ばれる期間を過ごしました。家で過ごす時間が長くなったことで、今まで後回しにしていた部屋の片づけや、断活などを行ったという人も多いかもしれません。

 親にとって、子供の洋服など思い出の品を処分することは、勇気が必要なこともあるでしょう。今回は思い切って大量のモノを処分した主婦に話を聞きました。

◆ワンオペ育児で疲弊。それでも夫は2人目を希望

 湯本加奈子さん(仮名・36歳)は、2年前に女児を出産し今は専業主婦として育児に専念しています。

「ウェブディレクターの夫は、毎晩終電を過ぎてから帰宅するのでワンオペ育児の状態なんです。子どもが1歳になった頃から、少しずつですが『クラウドワークス』などのクラウドソーシングサービスに登録をして、自宅で内職程度にイラストを描く作業をしています。まだ本職とは言えないですが、今は自分から営業にも行けないので、少しでも依頼があるだけありがたいんです」

 加奈子さんは、子どもを預けて働くほどの収入ではないため、3歳になって幼稚園に預けるまでは自宅育児を続けるつもりだったそうです。

「夫は2人兄弟だったので、私が1人目を妊娠したときからずっと『2人目が欲しい』、『年齢的に早く2人目を作らなければ』と言っていました。ただ、口では子供が欲しいというわりには、授乳やおむつ替えの面倒など見てくれず、休みの日は『疲れた』と言って寝てばかり。夫への不満はどんどん大きくなっていましたね」

◆こっそりピルを飲んで避妊したことも…

 両親が遠くに住んでいたり、高齢のため手伝いを頼めない場合は、夫婦で育児を協力し合わないと、たとえ子どもが1人でも夫婦どちらかに負担が偏ってしまいます。

「夫の母は専業主婦で、父はいっさい育児を手伝わず飲み歩いたり、家にいなかったらしいので、育児はすべて母親の役割だと思い込んでいるみたいです。私は、出産時のツラさや、産後のさらなるワンオペ育児を考えると、妊娠が怖くて夫に隠れてピルを飲んで避妊したこともあります……」

◆「子どもはもう小さくならない」思い切ってすべて処分!

 しかし、加奈子さんの中にも葛藤があったそうです。

「実は、大変だとわかっていても、どこかで2人目が欲しい気持ちも諦められなくて……。娘が生まれてから、一度も服や育児グッズを捨てずに、ほぼすべてとっておいていたんです。ベビーカーも、新生児が乗せられるタイプと、軽量タイプの2台ともとっておいてあります。

 つい最近まで座っていた離乳食用のテーブルが付いた椅子、電池が切れて音が鳴らないアンパンマンカー、お宮参りのお包み、一升餅をくるんだ風呂敷、ブランド物のポロシャツ、ジャンプスーツ、ファーストシューズ……。全部思い出があり、下の子が使えるかもという思いもあり捨てられずにいました」

 しかし、このままでは家にモノが溢れるばかり。一念発起し、すべてメルカリや子供が生まれた友人にプレゼントをしたり、捨てて処分したそうです。

「最初は、お小遣い稼ぎのためにメルカリでサイズアウトしたブランド物の服だけ売ったんです。そしたら意外と高く売れて。一度、手放してみたら意外と未練がなくなりました。『子どもはもう小さくならない』と自分に言い聞かせて、どんどん処分をしていきました」

◆不思議と前向きな気持ちになれた

 一度決意すると、一気に進むのがモノの処分。子ども服や育児グッズを手放したことで、心境の変化はあったのでしょうか。

「赤ちゃん時代のものや、服を処分したら、不思議と2人目への未練もなくなったんです。自分が子どもを欲しいという気持ちではなく、夫や夫の実家に対して気を使っていたんだなってわかったんです。

 ビニール袋に無造作に入れていた子ども服がなくなった分、スペースができて、仕事がしやすくなりました。気分的にも、仕事を頑張ろうと前向きになって、自分からもイラストの営業をするようになりました。今は、仕事を増やして、子どもも預ける決意もできたので来年度の保活を始めています」

 よく片付けの効果に「人生が激変する」なんてうたい文句が書かれていることがありますが、あながち嘘ではないようです。

 女性にとって、結婚、出産というライフステージによる環境の変化は大きいですが「自分が本当はどうしたいか?」が、片付けによって見つかることもあるようです。

―私が「手放して」よかったもの―

<取材・文/阿佐ヶ谷蘭子>

関連記事(外部サイト)