米津玄師「感電」が1位独占、なぜこんなに次々と売れるのか

米津玄師「感電」が1位独占、なぜこんなに次々と売れるのか

8/5にリリースされる米津玄師のニューアルバム『STRAY SHEEP』(SME)。「感電」も収録

 綾野剛(38)と星野源(39)のダブル主演が話題のドラマ『MIU404』(TBS)。米津玄師(29)が歌う主題歌「感電」も、大ヒットの兆しを見せています。

 7月6日に先行配信リリースされると、ほとんどの配信デイリーチャートで1位になり、30冠を達成しました。さらに10日にMVが公開されるや、早くも980万回再生超え(7月14日時点)を記録し、2020年も米津イヤーになりそうです。

◆気鋭の作曲家・坂東祐大とのコラボが続く

 ここのところ、続けてTBSドラマの主題歌からヒットを飛ばしている米津玄師。「Lemon」(『アンナチュラル』)、「馬と鹿」(『ノーサイド・ゲーム』)と、ミディアムテンポのバラードが続きましたが、ガラッとイメチェン。なまめかしいホーンセクションが特徴的なファンクナンバーで、今度の米津は“チョイ不良”といったイメージです。

 ハネているかいないかの絶妙な間で刻むリズムには、静かな緊張感が漂っていて、プリンスの「Let it go」という曲を思い出しました。でも、サビになるとWANDSの「時の扉」を彷彿とさせるあたり、いい意味でバタ臭くもある。不思議な曲です。

 ともあれ、繊細で感傷的な気分を呼び起こす弦楽器のアレンジメントから一変、猥雑なサウンドメイキングに、驚いたファンもいるのではないでしょうか?

 今回も共同アレンジャーとして名を連ねるのは、現代音楽の俊英、坂東祐大(ばんどう・ゆうた、29)。「海の幽霊」、「パプリカ 米津玄師バージョン」、「馬と鹿」に続くコラボレーションになりました。新曲のたびにリスナーの期待に応えつつ新機軸を打ち出す作業は、並大抵のプレッシャーではないはず。

 米津氏と坂東氏、それぞれのアイデアの比率はどれぐらいなのだろう? なんて下世話なことも考えてしまいますが、そこは秘伝の味ゆえ、企業秘密なのでしょう。

◆まだ29歳なのに職人のような真面目さ

 さて、先ほど“チョイ不良”と形容した「感電」ではありますが、それでも生真面目な職人気質は健在です。演奏やアレンジにおいては、それまでになかったルーズさやラフさを感じる一方、リズミカルで達者な節回しと哀愁漂うマイナーコードの展開には、紛れもなく“米津印”が刻まれている。

 このアレンジのまま「Lemon」を歌っても違和感がないぐらい、楽曲の土台は不変なのですね。アレンジにはハッとしても、何回か聞けば安心できると言えばよいでしょうか。

 29歳にして熟練の職人のような型を持っているなんて、驚くべきことです。それは、ソングライターにとっての“のれん”ですから、その味を求める客が確実にいることを意味します。そういう技術に裏打ちされた仕事に裏切られる確率は、極めて低いということですね。

◆気の毒になるぐらい聴き手にサービスしてくれる

 そのうえで、ひとつ注文をつけるとすれば、やはり「感電」は“日本語のポップス”とは違った形式で聴いてみたかったということです。とがったアレンジに比べると、まだボーカルがカラオケフレンドリーに聞こえてしまう部分があるのですね。もっとも、それこそが米津人気の要因のひとつなのでしょうけど、どこかであえて聴き手を突き放した、イジワルな米津玄師も見てみたいなと思います。

 もちろん、ひとつ大ヒットが出ると、似たものを求められる世知辛い事情もあるでしょう。それは米津玄師に限らず、星野源だってあいみょん(25)だってOfficial髭男dismだって同じこと。いまの売れっ子に共通するのは、注文通りに納品する力なのです。

 だからでしょうか、彼らの音楽を聴いていると、肩が凝ってしまうときがあります。仕事や作業の労苦がにじんでいるからなのですね。少し気の毒になるぐらい、1曲の中で聞き所となる心地よいサービスフレーズがふんだんに盛り込まれている。

◆米津玄師の“くだらない曲”も聴いてみたい

 ポップスからはみ出なかった「感電」も、そんな気遣いのせいで、いまいち爆発しきれなかったのではないだろうか。老婆心ながら、もっとハジけたいだろうに、なんて思ってしまいました。

 制約を忘れてリラックスした状態で思う存分にふざけたら、また違った一面が見られるのではないか。一定のクオリティを保ちつつ、作風を統一させる資質の高さに感心する一方で、意外と振り幅は狭いのではないかという気もします。拍子抜けするほどくだらない曲があったっていいのに。

 優秀な職人としての彼を守るためにも、どこかで“ムダな遊び”が必要なのではないか。

 律儀に脱線する「感電」に、感心しつつ、どこか寂しい気もするのでした。

<文/音楽批評・石黒隆之>

【石黒隆之】

音楽批評。カラオケの十八番は『誰より好きなのに』(古内東子)

関連記事(外部サイト)