チョコプラ“T T兄弟”に続け!『有吉の壁』ブレイク芸人選手権、注目キャラ4選

チョコプラ“T T兄弟”に続け!『有吉の壁』ブレイク芸人選手権、注目キャラ4選

(画像:淡路幸誠 公式Instagramより)

 チョコレートプラネットによる話題の「TT兄弟」を生み出した『有吉の壁』(日本テレビ系)の人気コーナー『ブレイク芸人選手権』。7/15に放映された回ではお笑い芸人・きつねのネタ“KOUGU維新”が放映直後にツイッターのトレンドで上位になるほど話題になりました。

「流行語大賞の壁を越えろ!」というキャッチフレーズの元、様々な新境地のネタを披露する芸人さんたちが見られるこのコーナー。ここからは今までも多くの人気キャラが生まれてきました。そこで見逃した人のためにも、注目の人気キャラをご紹介します。

◆きつね「KOUGU維新」

 工具を擬人化した2.5次元ならぬ2.7次元アイドルという触れ込みで颯爽と登場したきつねの「KOUGU維新」。

 SNSでは「ほんとにツボでむりwww」「爆笑して泣いてる」などの言葉が並び、『刀剣乱舞』などの2.5次元ミュージカルの特徴を的確にとらえた絶妙なダサさで視聴者を沸かせました。

 新庄剛志のモノマネやパリピ漫才でじわじわとその名が浸透してきているきつねですが、この「KOUGU維新」は、放映直後から関連ワードがトレンド上位に急上昇。彼らの名を知らずとも一瞬で多くの心をつかんだようです。

 ファンアートや元ネタと思われる刀剣乱舞の映像をリミックスした動画もネットに投稿され、なかには衣装を特定する人まで現れました。彼らが歌う「KOUGU維新のテーマ」も、ダサかっこよくて頭から離れないと各所で話題になっています。

◆ジャングルポケット「ストレッチャーズ」

 みんなで筋肉体操を思わせる雰囲気ながらも、どこにもきかないエクササイズを紹介するジャングルポケットのネタ「ストレッチャーズ」。エクササイズ中のセンター・斎藤慎二さんの恍惚な表情に笑いが止まりません。

 TikTokを意識して作られたという狙い通り、十代の若者を中心に話題になっています。番組の公式Youtubeでは既に300万回再生されているほど「クセになる」と人気です。

◆チョコレートプラネット「Mr.パーカーjr&Drタートルネック」

 このコーナーで披露した「TT兄弟」で大ブレイクしたチョコレートプラネット。彼らが次に送り出したのが「Mr.パーカーjr」です。

 このネタは「Mr.パーカーjr」がどんなに困難な物事も、「かぶれ!」と叫んでパーカーのフードをかぶり、ポーズを決めて解決するというもの。子供たちもマネをし、LINEスタンプも公開されるほどの人気となりました。

 ライバルの「Dr.タートルネック」や、女性キャラ「Ms.カンカンgirl」も登場し始め、彼ら曰く、アベンジャーズ的な展開を目指しているようです。これからもどんなキャラが登場してくるのか楽しみですね。

◆パンサー「パラパラおじさん」

 長髪とヒゲでおなじみのパンサーのネタ作り担当・菅さん。彼は元々ギャル男だったということでも有名です。そんなキャラを十分に生かした「パラパラおじさん」は、菅さんがギャル男時代に培ったパラパラのスキルが存分に生かされています。

 真剣な表情でキレキレなダンスを披露した後に、つぶやく「チャーハン」や「小雨」などのパラパラなひとことのギャップが面白いと評判です。

 話題になったドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)でアユ役を演じた安斉かれんさんも、ラジオでパラパラおじさんのファンを公言。

 しばらく新作は公開されていませんが、楽しみに彼の再来を待っているファンが多数いるようです。

*****

 他にもタイムマシーン3号の「鬼ギャルゾンビ」や、シソンヌの「こうへいくんとゴンちゃん」など番組おなじみの人気キャラも多数あります。

 果たして、これらのキャラクターから「TT兄弟」以上にブレイクし、流行語大賞にノミネートされるものは出てくるのでしょうか? それともこれからさらに爆発的人気を得るキャラが出てくるのでしょうか。『有吉の壁』からさらに目が離せませんね。

<文/小政りょう>

【小政りょう】

映画・テレビの制作会社等に出入りもするライター。趣味は陸上競技観戦

関連記事(外部サイト)