「顔が赤いから…」彼の前でマスクを外せず暑さでダウン。意外な展開に

「顔が赤いから…」彼の前でマスクを外せず暑さでダウン。意外な展開に

「顔が赤いから…」彼の前でマスクを外せず暑さでダウン。意外な展開にの画像

 新型コロナウィルスの影響で、すっかりマスクをする事が習慣になってきましたよね。

 ですが、これから夏本番。マスクをして過ごすのがツラい季節に突入です。そして熱中症の心配も…。

 今回は、そんなマスクエピソードを2つご紹介しましょう。

◆気になる同僚男性と公園ランチ

 柏原菜摘さん(仮名・26歳・契約社員)は、以前から気になっていた同僚の独身男性・Yさん(27歳)からランチに誘われました。

「最近、会社近くのお店が結構混んでいて感染が心配だと、なにげなくYさんに話したら『じゃあ今日は、公園でランチしない?穴場を知っているんだ』と笑顔で言われて、嬉しくなって即OKしました」

 キッチンカーでタコスと飲み物を買うと、公園でさっそく広げる2人。

「その時、ハッと気がついてしまって…私、マスクしっぱなしで汗だくになると鼻が赤くなって酔っぱらいみたいな顔になるんですよ」

 まさにその日は夏日で、かなり汗をかいていた菜摘さんはマスクを外せずにいました。

「Yさんがマスクを外して美味しそうにタコスをほおばる姿を見て、どうしよう?と考えていたらアセってさらに汗をかいてしまって」

◆汗が止まらず目がチカチカしてきた

 とりあえずスムージーのストローをマスクに突っ込んで飲んでみましたが…濃厚なスムージーでは喉の渇きはおさまりません。

「Yさんに意識の高い女だとアピールしたくてスムージーにしたのですが大失敗でした…素直にアイスコーヒーにしておけばよかったと後悔しましたね」

 Yさんがこっちを見ていないすきに、マスクをずらしてタコスをかじってみると…。

「それが結構カラくてさらに喉が乾いて。すると比喩(ひゆ)とかじゃなく、ほんとに汗が止まらなくなってきて目がチカチカして怖くなりました」

 もうムリだと思った菜摘さんは「Yさんのアイスコーヒーを少しもらってもいい?私、もしかしたら熱中症かも」と助けを求めました。

 すると驚いたYさんは、アイスコーヒーを菜摘さんに手渡すと「マスクをはずして、ちょっと休んでいて」と公園の売店に走りかき氷とスポーツドリンクを買ってきてくれたそう。

「恥ずかしいやら、申し訳ないやらでしたが…公園のベンチでグッタリしてる事しかできませんでしたね」

◆正直に彼に話すと怒られたけれども…

 かき氷を食べて身体を冷やすと、ようやく立ち上がれるようになったので近くのカフェで涼む事に。

「Yさん、空いているちょっとお高い珈琲店を選んでくれて…しばらく休んだらすっかり良くなりました」

 彼に、汗をかくと鼻が赤くなるのが恥ずかしくてマスクを外せなかったと言うと、怒られてしまった菜摘さん。

「『そんなこと気にしている場合じゃないでしょ?』ってそりゃそうですよね…Yさんに迷惑かけてしまいましたし」

 きっとYさんに嫌われてしまったと思っていたら…それから「なんか、菜摘さんて放っておけない」とちょくちょくランチに誘われるようになったんだとか。

「この間なんか『コロナが落ち着いたら、僕のお気に入りの居酒屋に行こう』って言ってもらえて嬉しかったですね。このままお付き合いできたらもっと嬉しいのですが(笑)」

 続いては、屋内の美容院でのエピソードです。

◆4ヶ月ぶりに美容院へ行きおしゃべりが盛り上がった

 中川麻美さん(仮名・29歳・主婦)は、先日久しぶりに美容院に行きました。

「コロナのせいで出かける気になれなくて、ずっとほったらかしにしていたのですが…やっぱり気持ち悪くなってきたので4ヶ月振りに行きつけのお店に予約の電話をしたんですよ」

 久々に、マスクをした担当の美容師さん(30代後半・女性)と再会し、テンションが上がる麻美さん。

「美容師さんはとても話題が豊富で、話が面白いんですよ。なので毎回おしゃべりするのが楽しみで」

 カット&カラーをお願いし“自粛期間をどう過ごしていたか”や“免疫力を上がるには、やっぱり納豆がいいと聞いたけど”など話がはずむ2人。

「美容師さんが元気に過ごしていた事が嬉しくて、つい私も近況をベラベラ話していたら何だか頭が痛くなってきたんですよ」

 顔がほてってきて、めまいがしてきた麻美さんは“あ、これはヤバい”と思ったそう。

◆話に夢中になって具合の悪さに気づかなかった

「美容師さんに『ごめんなさい、ちょっと熱中症ぽいかもしれない。何か飲み物もらってもいいですか?』と言うと、あわててバックヤードから冷えたお茶のペットボトルを持ってきてくれました」

 マスクをはずしてお茶を飲みながら、クーラーの風が良くある椅子でしばらく休ませてもらうとじょじょに回復してきた麻美さん。

「よく考えたら、マスクをしたままこんなにしゃべったりする事ないので…危なかったですね。ケープを首に巻かれた時に『ちょっと暑いな』と思ったのですが、つい話に夢中になってしまいました」

 次回からは、ちゃんとマメに水分補給をして、暑くなってきたら無理せずに休みながら施術をしてもらおうと美容師さんと話したそう。

「私も気をつけなくちゃいけませんが、美容師さんもずっとマスクをしたままなので心配になり『気にせずに水分補給してくださいね』と言うと『ありがとう』と笑ってました」

 お茶のお礼を言い、麻美さんは美容院を後にしたそうです。

<文&イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子】

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。

関連記事(外部サイト)