今井翼が語る、“旅の大切さ”。絶対に行くと決めている3つの場所は

今井翼が語る、“旅の大切さ”。絶対に行くと決めている3つの場所は

今井翼さん

 昨年開館200周年を迎え、世界最高峰と言われるスペインのプラド美術館の全貌に迫ったドキュメンタリー映画『プラド美術館 驚異のコレクション』が全国公開中です。

 15〜17世紀にかけ“太陽の沈まぬ国”とも呼ばれたスペイン王国では、歴代の王族が圧倒的な経済力と美への情熱で美術品を収集していましたが、その真実に迫る内容です。

 本国版ではアカデミー俳優のジェレミー・アイアンズがナビゲーターを担当していますが、日本語吹替版では、1年間の療養期間を経て今年2月に活動を再開した今井翼さんが担当しています。スペイン文化特使であり、初めてヨーロッパ美術に触れたのがプラド美術館だったという縁もあり、まさしく適任! 今井さんがスペイン美術の世界に観る者を誘います。

「アーティストとして感銘を受けることがすごくある」と語る今井さんは、本作をどういう視点で鑑賞したのか。話を聞きました(このインタビューは、2020年3月に都内で実施したものです)。

◆芸術品は“カンフル剤”になっている

――本作はプラド美術館の神髄に迫るような内容でしたが、もともと美術品に興味があるそうですね?

今井翼(以下、今井):僕もいち表現者として、そういうものを目にすることで、アーティストとして感銘を受けることがすごくあるので、まさしく出会い、ですよね。そこに行かないと出会えないものばかりなので、だから造詣があまり深くない僕でも、美術館って最高に面白いって思えるんですよね。

――この映画で初めてプラド美術館を知る人も、圧倒されるでしょうね。

今井:そうですね。プラドには草原という意味があるだけに、すごく緑豊かな広大な土地にあるので、特別な重みを感じますよね。

――日頃からクリエイティブな仕事をされていると、余計に感じることも多そうです。

今井:結局は自分の目でいろいろなものを見て、さまざまなテーマの存在を知識として身に着けることが出来ますよね。僕は特にダリが好きなのですが、人間は感性や感覚が一番大事だと思うから、芸術品を見るとすごく興奮するんですよね。物事を表現する立場にいる者として、ひとつのカンフル剤にもなっているような。すごく刺激されるんです。

◆ダリの魅力は「奇抜で枠にハマらないところ」

――ダリには、どこに惹かれたのですか?

今井:彼の奇抜な感じは枠にハマってなくて惹かれますね。バルセロナ郊外にある彼のミュージアムに行くと、地下にダリが眠っていて、もちろん他の芸術家たちとのつながりであったり、彼の人生観、ガラと過ごしてきた時間が感じられて、それが感覚的に好きなんですよね。作品でも左右非対称だったり、常にリンクする形が存在していたり。日本で言うと岡本太郎さんでしょうか。ミロのようなタッチも感じるのですが、奥が深くて面白いですね。

 それと、ちょっと前にニューヨークで現代アートを見たのですが、歴史ある名作とはまた違って、自分に近い年代のアーティストが表現している。ニューヨークの銀行の前でドル札を自分の体に貼り付けて、首にロープを巻いて銀行の出入り口のところで何かやっているわけです。

――ダリに比べると、ある意味わかりやすいんでしょうか

今井:結局のところ芸術って、観る人の感性によると思うんですよね。それが汚いと思うのか、きれいだと思うのか、人それぞれ。面白いですよね。

――美術館が苦手な人は、美術館を楽しめる人をうらやましいと思っているかもしれないですよね。

今井:そういう友だちもいますね。でも、それを言うと僕ももとは横着な性格なので、集中力には限界があるんです(笑)。その時の気持ちが高揚していれば一気に見るし、今日はいまいちみたいな時はながら見で数点、面白そうなものを見て帰ったりします。

 美術館は概念や変なイメージを持たずに行けるので、面白味が増していくんですよね。僕は知識よりも感性が大切だと思うから、そういう楽しみ方でいいと思っています。もちろん、この映画を通していくつもの大事なこと、作品の緻密な意味を知ることで自分の知識になっていくんですけどね。

◆大切にする“旅する時間”

――ところで、復帰されて仕事にまい進されている時期だと思いますが、仕事以外でハマッているものなどはありますか?

今井:僕の地元は湘南なので、それこそ息抜きで湘南に帰ったりはしています。今までに経験をしたことがない時間や出来事にあった時って、すごく情熱的になりますよ。年齢やキャリアとともに、好奇心がどうしても狭まってくるじゃないですか。だからこそ、旅もすごく大事にしているのですが、そこで好奇心を養うと、また「仕事を頑張ろう」という想いをもってオンの時間を迎えられる。そうすることで、両方がちゃんと役割を果たすと思っています。

――旅はどちらに?

今井:もちろん国内もありますが、絶対に行くと決めている場所が、スペイン、ニューヨーク、ハワイで、それぞれテーマが違うんです。ハワイは完全に自分を開放する場所。どうしても仕事をして東京にいると、すべてが速いじゃないですか。だから島に身を置いて、むしろ何もしないというテーマ。

 スペインは好きな国だから、フラメンコや芸術で自分を感化させる場所。ニューヨークは21〜22歳の頃に僕が初めて行った海外なんですよね。その当時に過ごした時間と同じように過ごすことで、原点回帰になる。こういう仕事をしていたからこそ、ターニングポイントや自分にとっての想い入れがある場所がたくさんできたことは、すごく感謝しています。

――この映画に携わって、何が一番良かったでしょうか?

今井:内容的なところでは、館長さんの話がよかったですね。あとは普段なかなか見ることができない、絵を修復する方々の想いや、フラメンコの舞踊家さんから受けるインスピレーションですかね。スペインの方々が大事にし続けていることが時代を超えて観られるということが、すごく贅沢なことですよね。サグラダ・ファミリアもそうですが、スペインにはいろいろな歴史や未完成なものがたくさんあり、それを現代の人たちが味わい、楽しめることは本当にいいことだと思います。

――最後になりますが、この映画を楽しみにしている方へメッセージをお願いいたします!

今井:歴史だけじゃなくて、この美術館に今携わる方々が大事にする想いや、語り継がれる真実というものを、今まで以上にこの作品が届けてくれます。美術館も映画館も人がたくさんいるけど、知識があるない関係なく、自分だけの世界に浸れるじゃないですか。この映画を観ることで、美術館以上に、映画館でしか味わえない臨場感をぜひ体感してもらって、その人なりの体験をしてもらえたら、人生のなかで楽しみが増えて、素敵な時間になるのかなと思います。

<取材・文・撮影/トキタタカシ>

関連記事(外部サイト)