コロナ、芸能人の自殺…。スマホの設定で、つらい情報から心を守る方法

コロナ、芸能人の自殺…。スマホの設定で、つらい情報から心を守る方法

写真はイメージです

 近ごろ、SNSを眺めていると嬉しくないニュースがたくさん流れます。

 新型コロナウイルスによる感染者・死亡者数の推移、著名人の訃報……どれを取っても「不必要な情報」ではありませんが、一つ一つの情報が重く、繰り返し見ていると心が疲れてしまいます。

 SNSがテレビと違うのは、向こうからニュースの「通知」を打ってくる点です。

 また、大きな災害や事故など、社会のありかたを問うような出来事があると、普段は楽しい話題をつぶやいているアカウントが豹変することもあります。コロナ禍の現在は、まさにその状況だと言っていいでしょう。

 そこで今回は、ここ最近の世情を受けてスマホとインターネットが怖くなってしまった人のために、心を守るための初歩的なテクニックをいくつか紹介します。

◆「リアルタイム訃報」の怖さ

 ニュースアプリをインストールしていると、スマートフォンには最新ニュースの通知が表示されます。

 この「速報」は、良いニュースばかりとは限りません。コロナの感染者数もそうですが、たとえば有名タレントの死亡が確認された話なども、通知音とともに見出し文が表示されます。

 こうして悪いニュースにばかり接し続けていると、スマホの通知音自体が怖くなってしまうかもしれません。そうなる前に、ニュースアプリの通知設定について見直してみてはいかがでしょうか。

 iPhoneの場合には、ホーム画面から「設定」→「通知」と進み、ニュースアプリの名前をタップします。ここで「通知を許可」をタップしてオフにすると、アプリからの通知を停止することができます。

 同様の方法で、TwitterやInstagramの通知を止めることもできるので、覚えておきましょう。

◆SNSで特定のアカウントの投稿を非表示にする

 たくさんの人がSNSを使っています。

 その中には、いきなり日本の未来を憂い始めてしまった人や、占い師の予言的中をこじつけて、年がら年中ほめたたえている人もいます。

 他にも、野球の試合中に延々と文句を言っていたり、深夜に仮想通貨の未来を力説していたり、とにかくSNSにはさまざまな種類の人がいます。

 SNS上で付き合うのは別に義務ではありませんから、「迷惑だ」と言うのは筋違いでしょう。しかし、古くから付き合いのある人が、SNSを続けるうちに“イヤな感じ”になっていくのもままあることです。

 フォローを解除すると角が立つ……という場合には、ミュート機能を使いましょう。

 Twitter、Facebook、Instagramのどれにもミュート機能があり、特定のアカウントの投稿だけをタイムラインから排除できます。

 基本的に、ミュートしたことは相手には伝わりません(勘付かれることはあります)。

◆ミュート設定のための操作方法

<Twitter>

 まずはミュートしたいアカウントのトップ画面を表示し、画面右上の「・・・」をタップします。

 メニューが開くので、「@〜〜さんをミュート」を選択しましょう。

 ミュート設定を解除したい場合には、再度アカウントのトップ画面を表示し、同様の操作から「ミュートを解除」を選択すればOKです。

 なお、Twitterではミュートに関する機能が充実しているので後述します。

<Facebook>

 友達の一覧画面から「・・・」をタップし、開いたメニューで「〜〜のフォローをやめる」をタップすると、友達の投稿がニュースフィードに表示されなくなります。

 言葉がややこしいですが、フォローをやめたからといって、友達でなくなるわけではありません。これはTwitterやInstagramにおける「ミュート」に相当します。

 この他に、企業の公式ページをフォローしている場合には「30日間フォローを休止」というオプションも使えますので検討してください。

<Instagram>

 ホーム画面に表示されている投稿の右上にある「・・・」をタップします。

 このメニューの「ミュート」をタップすると「投稿をミュート」か「投稿とストーリーズをミュート」から選ぶことができます。必要に応じて使い分けましょう。

 ミュート状態であっても、フォロワー一覧などからたどれば相手の投稿を読むすることができます。

◆Twitterは“ワードミュート”で快適に

 多彩なユーザーが集まっているTwitterでは、他のSNSと比べてもミュートに関する機能が充実しています。そのうちのひとつが「ワードミュート」です。これを使うことで、特定のキーワードが含まれるツイートだけをタイムラインから除外することができます。

 Twitterのタイムライン画面を右にフリックし、開いたメニューから「設定とプライバシー」をタップします。

 次に「コンテンツ設定」をタップし、開いた画面でさらに「ミュート中」→「ミュートするキーワード」と進みます。

 ここで「追加する」ボタンをタップし、非表示にしたい語句を入力することで、ワードミュートを設定することができます。

 なお、フォローしているアカウントからの投稿も非表示にするためには、この画面でミュート対象を「すべてのアカウント」にしておく必要があります。

◆その他、Twitterでウンザリしない基本設定

 Twitterでは、特定のアカウントがシェアするものに限って「リツイートを表示しない」ということもできます。

 たとえば親しい友人が妙なインフルエンサーに影響され始めてしまったりして「この人のリツイートばかり流れてくるな…」という場合、ミュートではなく、まずはこの設定を試すといいでしょう。

 また、Twitterのタイムラインの表示モードは2種類あります。これが「ホーム」の状態になっていると、他の人が「いいね」を付けただけの投稿も、タイムラインに表示されてしまいます。

 刺激的・扇情的な投稿には「いいね」が集まりがちなので、人にもよりますが疲れてしまうでしょう。ですから「ホーム」表示ではなく、シンプルな「最新ツイート」モードを選ぶのがベターです。

 画面をトップまでスクロールし、右上のキラキラしたアイコンをタップすれば、いつでもモードを切り替えることができます。

 ただし、Twitterにしばらくログインしていないと、勝手に「ホーム」表示に変えられてしまいます。不便ですが、その都度戻すようにしましょう。

◆快適ならばそれでいいのか?

 以上のように、ニュースアプリの通知をオフにして、SNSのミュート機能を活用することで、増え続ける情報量から受けるストレスを身を守ることができるはずです。

 とはいえ、気に入らない情報に耳をふさぐことが常に最善かといえば、そうとは限りません。

 心身の健康を優先するのは、もちろん大事なことです。しかし新型コロナウイルスの流行も、アメリカの人種差別も、その他諸々にかかる政治的な論争も、すべてこの社会で起こっていることです。

 取捨選択を極めて、明るくてポジティブなエンタメの話題と、あとは生活情報だけが手に入ればいいのかといえば、そう割り切れるものでもないのではないでしょうか。

 いずれにせよ、ニュースアプリともSNSとも、ほどよく付き合っていきたいものです。

<文/ジャンヤー宇都>

関連記事(外部サイト)