イケメン5股男にハマッた女性…目を覚まさせた友人の一言とは?

イケメン5股男にハマッた女性…目を覚まさせた友人の一言とは?

イケメン5股男にハマッた女性…目を覚まさせた友人の一言とは?の画像

 今年の6月末に日本中を騒がせた一大スキャンダルといえば、アンジャッシュ渡部建の多目的トイレ不倫。しかも相手が数名いたことも発覚し、もともとの爽やかイメージはすっかり失墜してしまいました。

 近年まれにみる衝撃の浮気話でしたが、一般人の中にも平気で女性を何股もかける男は実在しています。佐川はるかさん(仮名・28歳)が付き合っていたという男も、ずばり渡部クラスの5股野郎だったとか。

 しかし彼女はそれを知っていながらも、ベタ惚れで5股のうちの一人であることに甘んじていたといいます。

◆超イケメンの5股男、複数女性をホテルに順番に呼び出して…

「彼は俳優の生田斗真に似てました。ぶっちゃけ、めちゃくちゃイイ男だったんですよ。もう完全に惚れ込んじゃってて、彼にとって性のはけ口みたいに扱われてても『会ってもらえるだけで嬉しい』みたいな感覚に陥っちゃったんです」

 佐川さんと彼の逢瀬には、異様なルールがありました。2人で会うのは必ずラブホテル。それも長時間の利用でも安く済ませられるフリータイムの時間内限定。その中で上手いこと時間配分がされており、佐川さんと同じような女性たちが入れ替わり立ち代わり部屋にやって来ていたというのです。

「平均すると1時間おきに入れ替わるような感じでしたね。たまにタイミングを間違った時に、はち合わせしちゃったこともあります。お気に入りの女性は前半に呼ばれて、彼の中でランクが下がっていくというか、飽きられてくると後ろの方に時間がずれていくんですよ。完全に飽きられたら呼ばれなくなるんです」

◆ランキングに気持ちを乱され、体調も崩しがちに

 どう考えても酷いシステムなのですが恋(?)は盲目とはまさにこのこと。佐川さんはどうしてもランクを下げたくなくて、彼に乞われるがままにあんなコトやこんなコトを許し、ちょっぴり変わったプレイにも喜んで応じていたとか。

「私のランキングは、だいたい2番目か3番目をウロウロする感じ。たまーに1番に呼ばれた時なんかは、謎の達成感もあって幸せの絶頂って感じでしたね。でも次の時にはまたランクが下がったりしたら『私の何が悪かったんだろう』なんて自問自答……その繰り返しでした」

 しかし、そんな関係など長く続けばやはりどこかでほころびが生じてしまうもの。佐川さんは精神的なストレスからなのか体調を崩しがちになり、周囲の友達からも「もうそんな男とは切れた方がいいんじゃない?」などと進言されるようになりました。

「それでも、かたくなに『あの人じゃなきゃダメだから』なんて言ってたんですけどね。ある日友達から『そんなわけのわかんないランキングを維持してて、本当になにか良いことがあるの?』と真顔で言われてハッとしました」

◆お風呂を1番に使うことしか利点がない

 佐川さん、友達の言葉によくよく考えてみたそうです。そこで気づいた事実で、佐川さんはすっかり目が覚めてしまいました。

「『そういえば、ランキング1位になっても他の女がまだ使ってないまっさらな状態の風呂場を使うことくらいしか利点がないのでは……』

 って思ったら、私は何のために必死になってたんだろうって全てがばかばかしくなっちゃったんですよね。その場で連絡先を消して、あっという間に切り捨ててしまいました」

 5股男を手放した途端、佐川さんはみるみるうちに元気になり、表情が明るくなったせいかモテだすように。その後、しっかりと素敵な彼氏を見つけて今はラブラブ同棲中。幸せの絶頂だとか。本当に別れて良かったですね。

―私が「手放して」よかったもの―

<文/もちづき千代子 イラスト/ただりえこ>

【もちづき千代子】

フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。

関連記事(外部サイト)