婚活アプリで苦戦する女性…ハイスペ男性と会ってみてガッカリ

婚活アプリで苦戦する女性…ハイスペ男性と会ってみてガッカリ

写真はイメージです。(以下同)

<みきーるの女子マインド学>

 燃えるような夏のさなか。恋の炎も燃やしたいところですが、「コロナ禍の影響もあって、出会いがない……」というお悩みをいただきました。

◆婚活アプリにぜんぜんいい人がいません

Q. 出会いも打ち止め? もう友だちくらいしか残っていません。

「婚活アプリもひととおり試しましたが、どうもいいお相手に出会えず、万策尽きたという感じです。スペック重視!とかイキッてもみましたが、いざハイスペックの男性と会っても『全然なごめない』なんて思ってしまったり、私は一体何を求めてるのかわからなくもなりました。でも、パートナーは欲しいのです……。

 打てる手は全部打ったように思いますが、もう残っている男性は地元の友だちくらい。どうしたらいいですか?」(ナナコさん・33歳)

◆身近な人に目を向けてみるのも手

A. “友だちメガネ”を外して、“そういう目”で見てみましょう!

 昔、「花の子ルンルン」というアニメがありました。主人公の少女・ルンルンは“幸せを呼ぶ七色の花”を探して世界中を旅しますが、「今度こそ!」と思っても、出逢うのは違う花ばかり。ところが故郷に戻ってみると、七色の花はすぐ近くに咲いていたのです――。ナナコさんには、ぜひこの物語を参考にしていただきたいと思います。

「もともと対象外」とか「そんないい人がいたら、とっくに気づいてる」とかいって、ご縁を見過ごしてはいないでしょうか。探偵小説でも、「まさか」という身近な人物が犯人だったりすることは、ままあります。

「打てる手はすべて打った」というのなら、見落としていた場所に手を打ちにいきましょう。地元の友だち、同級生、仕事の先輩や後輩、遠縁の親戚など、今まで「ねぇわな」と思っていた人にも目を向けてみることをお勧めします。

◆部活の顧問や幼馴染と交際に発展した人も

 私の知人にも、部活の顧問だった先生や幼なじみ、いとこなど、「はっ!とするまで“そういう目”で見たことがなかった」というお相手と交際・結婚し、幸せに暮らしている人たちがいます。

 彼女たちは、お相手のことを「恋愛対象としては見てこなかったけれど、人となりは知っていた」ので、「目線を切り替えたらすんなり付き合えた」のだそうです。

「だって、ただの友だちだし」などと、ひとつの目線で仕分けてしまったら、よきパートナーを逃してしまうかもしれません。そうなるともったいないので、まずは試してみてはいかがでしょうか。こんなふうにすると、いいと思います。

◆●知人男性を見つめ直す

 知人男性なら誰でもいいわけではありません。友人、親戚、先輩・後輩、仕事仲間など、ある程度信頼できて、恋愛以外の交流をもったことのある男性を挙げてみましょう。相手が成人していれば、年齢差はそこまで意識しなくていいと思います。

ただし、既婚者は除外しておくこと。

◆●オンライン飲み会などで交流

 友だちや他の仲間を交えて、数人のオンライン飲み会などでコミュニケーションをとりましょう。今はコロナ禍で難しいかもしれませんが、直接会えるなら、なおよし。

このとき、異性として好もしく思えるポイントを見ておくといいですね。

◆●ふたりで出かける

 仲間を交えた交流を経て、「恋人候補としてもアリかな」と思ったら、“友人として”でも構わないので、ふたりで過ごす時間を持ちましょう。映画でも食事でも、かしこまらないお出かけがいいと思います。

◆●今までの関係キープか、踏み出すか決断を

 ふたりの気持ちがしっくりきたようなら、関係を“恋人”に切り替えましょう。どちらかの思いを置き去りにして突き進んだり、“友だち”なのにズルズルした間柄になるのはいただけません。おたがい、しっかり意思確認するのが大切です。

========

 自分にぴったりくる男性なのに、すでに固まっていた関係性が邪魔をして、「見過ごしてきた」という例はけっこうあるように思います。ナナコさんのように、いろいろ模索してきた女性ならなおさら、自分になじむ男性に会えばピン!とくると思います。

 想像もしなかった男性と仲よく結ばれた女性たちのように、まずは“友だちメガネ”を外して、お相手を“そういう目”で見てみてくださいね。よきご縁につながりますように。

<文/みきーる>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラー?。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

関連記事(外部サイト)