篠原涼子らはどうなる?離婚しても交流する元夫婦4選。木下優樹菜さんも…

篠原涼子らはどうなる?離婚しても交流する元夫婦4選。木下優樹菜さんも…

『美的GRAND(グラン) 2020春号』

芸能界の「離婚」といえば、女優の篠原涼子(47)と俳優の市村正親(72)の離婚したことが7月24日、わかりました。

 前日の五輪開幕式の余韻冷めやらぬなか、突然の発表。30歳差を感じさせないおしどり夫婦といわれてきましたが、昨年8月、そして今年6月に『女性自身』で別居が報じられており、溝も指摘されていました。なお、2008年、12年に誕生した2人の息子の親権については市村が持つといいます。

 今後について、「それぞれ役者として、親として、新たなカタチのパートナーとなり子どもを支える」(市村)、「私たちなりの新しい形・環境を作って参りたい」(篠原)と従来の考え方にとらわれない関係を築いていくとしています。

◆ココリコ遠藤&千秋は代名詞的存在

 離婚したからといって交流が途絶えるわけでもなく、子どもがいればなおさらです。「離婚しても仲良し夫婦」といえば、「ココリコ」遠藤章造(50)とタレントの千秋(49)でしょう。2002年に結婚し、翌年5月に長女が誕生も07年12月に離婚しました。

 離婚当初から、娘は父親と毎週で会っていたそうで、高校生になってもそれは続いているそう。以前はそういった交流が世間から不思議な目で見られ、「復縁か」と邪推されていたと千秋は明かしています。

 お互いに気持ちがすっきりしているから冷たくする必要がないというのが千秋の言い分で、過去には遠藤の恋愛相談にも乗るほど関係は良好。番組で共演するなど、“ビジネスパートナー”の一面もあります。

◆広田レオナと吹越満 離婚後、メリット付きでいったん再婚

 広田レオナ(58)と吹越満(56)もメリットが一致。1994年12月に結婚し、2000年4月に長女が誕生するも、05年12月に離婚。12年12月に再婚しましたが、17年に再び離婚しました。

 そもそも復縁の理由は「娘の進学」「事務所を立ち上げるのに都合がいいから(註:15年1月に設立)」。双方とも「3度目はない」とキッパリです。

 現在は広田が事務所の代表、吹越が所属俳優という間柄。広田は6月に肺がんの手術をし現在療養中ですが、身の回りの世話をしているのは吹越ではなく、18年に結婚した22歳下の夫です。

◆木下優樹菜さん&フジモン 同じマンションに住むも…

 元タレントの木下優樹菜さん(33)と「FUJIWARA」藤本敏史(50)は同じマンションに住んで、子どもの送り迎えをしています。

 2010年8月に結婚し、12年に長女、15年に次女が誕生。19年末で離婚しました。木下の「タピオカ騒動」で心身ともに疲弊しているといわれていた藤本ですが、離婚後も同じマンションの別フロアに住んでいることが発覚。木下のSNSに藤本が登場することから偽装離婚説が噴出しまいした。

 関係良好と思われるなか、『フライデー』(7月9日発売)が木下とJ1湘南のMF三幸秀稔の「家族ぐるみの付き合い」をスクープ。藤本の心境やいかに。

◆窪塚洋介 前妻と後妻が交流

 俳優の窪塚洋介(42)は、以前から独自の家族の在り方が注目されています。03年一般女性と結婚しモデルの窪塚愛流をもうけるも、12年7月に離婚。15年にダンサーのPINKYと再婚し、17年に長女が誕生しています。

 特筆すべきは、前妻と現妻の仲の良さ。ときには妻同士だけで会うこともあることを、一般社団法人「りむすび」の公式YouTubeで明かしています。

 子どもには自由に家同士を行き来してほしかったらしく、現在の良好な関係を作るために「お金も、気持ちも、時間も使った」と前述の動画で語っています。「神頼みをしたこともあった」そうですが、それもこれも子どもに両親が別れたことをプラスにとらえられる道を歩んでほしいと思ったから。窪塚の努力で今があります。

 窪塚家の「家族のカタチ」は、篠原涼子と市村正親も参考になるかもしれません。

 <文/女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)