バービー×峰なゆか「結婚の3時間後に離婚しても別にいいじゃん」

バービー×峰なゆか「結婚の3時間後に離婚しても別にいいじゃん」

バービーさん(左)と峰なゆかさん(右)

お笑い芸人のみならず、コメンテーターやエッセイ連載でも活躍するフォーリンラブのバービーさん(37)。2021年4月、InstagramのDMを通じて知りあった一般男性と結婚したことも話題になりました。

 そんなバービーさんと、漫画家の峰なゆかさん(36)が、結婚や出産について語り合う対談が実現しました。

 漫画『アラサーちゃん』などで知られる峰さんは、2020年4月に結婚・出産を発表。女子SPA!でも育児漫画の連載「チャラいヒゲ、子を育てる」がスタートしたばかりです。

 実は2人とも、モード誌『Numero TOKYO』本誌で連載中。今回は、バービーさんが体や性をめぐるあれこれ、人間関係や恋愛、社会についてなど読者が抱えるモヤモヤを一緒に考える連載「開けチャクラ!バービーのモヤモヤ相談室」のゲストとして、峰なゆかさんを迎えわけです。 

 読者から寄せられた3つのお悩みを出発点にした2人の話は、Numero TOKYO公式チャンネルの動画にも収められています。そのうち1つのお悩みについて、対談を編集してお届けします。

◆新婚ほやほやの2人が答えます

バービー(以下、B)「Numero TOKYO本誌で『開けチャクラ!バービーのモヤモヤ相談室』っていう連載をやってるんです。そこで今回は『結婚・出産のモヤモヤ』というテーマでなゆゆにもあれこれ聞いてもらおうと思って」

峰なゆか(以下、M)「ね。結婚ほやほや仲間的なところあるから」

B「ということで読者のモヤモヤを集めたんだけど。私たちに聞いていい答えが出るとは思わないね」

M「ええ〜(笑)。そうかな。そんなことないよ!!」

B「親御さんみたいに正しいことは言えないかなって」

M「そんなの誰も期待してないよ」

B「そっかそっか。じゃあ、ドシドシ来い!というつもりで」

◆質問「結婚・出産したいけど、人生が変わるのが怖い」

──はい。では、さっそく質問です。

「私は現在33歳、独身、彼氏なし。結婚したいけどしたくない、出産したいけどしたくない。このループで永遠に悩んでいます。

したい理由は、形にはこだわらないけど、生活を共にするパートナーが欲しい。そして何より自分より大切な存在、子どもとはどんなものか気になる。

したくない理由は自分の人生が変わってしまうのが怖い」(もも・33歳・会社員)

◆「産後に髪を切るな!」って自分に手紙を書いた

M「そんなに人生変わるのがいやなんですかね?」

B「良い方にも悪い方にも変わってしまうかもしれない。賭けだわ!みたいな。そのスリルが嫌なんじゃないの?」

M「確かに私の友達でも子ども産んだらめちゃくちゃ変わっちゃった子はいますけど」

B「私もそれが聞きたい!なゆゆは子ども産んで変わった?」

M「自分が独身のときは、子どもを産んだ友達がみんな髪をボブにしたり、洗濯機で洗えそうな服ばかり着ちゃうようになって、その変化がこれはもう本当に勝手な個人的な感情なんですがなんかちょっと悲しかったので、だから、私は妊娠中に『髪をボブにするな!』って自分に手紙を書いてたんですよ」

B「すごい。戒めのような。でもみんな出産前に髪切るじゃない? あれは必要なかったの?」

M「産後って抜け毛がひどいから、髪が貧乏神みたいになる。こりゃ切りたくなるわって思ったけど、妊娠前の自分が『絶対に髪を切るな!』って手紙を書いてたから、髪を切らずに美容液を塗って守った。それに、出産前にはしてなかったネイルもするようにもなったし、逆に今の方がちゃんとするようになった」

B「すごいね。乗り越えたのね」

◆“疲れた母親”になっちゃっても何が悪いんだよ!

M「自分自身は変わらないようにしているけど、仕事の種類は変わったかな。ほら、私、以前は男の人とデートに行く実録漫画描いてたから、そういうことがやりづらくなったりとか。逆に子どもを産んだことで、そっち方面の新しい仕事が来ましたけど。

ただ、みんなが怖がってるのは、いわゆる疲れた母親みたいになるのがいやってことじゃないかなって思う。だから、結婚後や妊娠後の自分へ手紙を書くっていうのはおすすめですよ。『これは絶対に守れ』とか、逆に『これはやるな』とか書いておく。で、8割守れたら別に良しとするとか」

B「確かにね。でも、疲れた母親になってもいいんじゃないかなって思うけどな」

M「そうそう。私も独身の頃は『疲れた母親にはなりたくない』って思ったけど、今は『疲れた母親の何が悪いんだよ。誰に迷惑かけてんだよ!』って思う」

◆悩むのは相手ができてからでいい

B「そうだよね。結婚・出産をしたいのか、したくないのかっていう永遠ループにハマって1人で悩むのはよくわかるけど、これってやっぱり相手がいることだから、踏み出してみないとわからないことあるよね。だから、彼氏を作ってそれから悩んでみたらどうですか?」

M「あ、この人彼氏いないのか」

◆どうでもいい男と付き合ってみたら?

B「そうそう。33歳でこれから彼氏を作るとなると、どうしても結婚が頭をよぎって、付き合うことに慎重になったり、プレッシャーに感じたりもすると思うんだけど、そういうのは抜きにして、どうでもいい男と付き合ってみたらいいと思う」

M「わかります。私も今の夫のこと最初は超どうでもいいと思ってた。あとね、私、結婚自体もどうでもいいことだと思ってるんですよ。結婚して3時間後には離婚してもいいとも思ってたし、世の中には税金対策のために結婚と離婚を繰り返すカップルもいるわけでしょう? 

だから、結婚してダメだったら離婚する。それぐらい軽く捉えてたらいいんじゃないですかね」

B「そうだよね。だって、相談者さんはたとえ離婚と結婚を繰り返しても、週刊誌に叩かれるような方ではないですから。うらやましいわ。自由にできるの。やりたいようにやっちゃえばいい!」

============

 対談後編(8月4日に動画公開)では、夫婦別姓や男性の育児をめぐるモヤモヤに答えます。

【バービー】

お笑いコンビ「フォーリンラブ」のメンバー。テレビ番組『ひるおび』のコメンテーターやラジオ番組『週末ノオト』のパーソナリティを務める。ピーチジョンとコラボした下着のプロデュースも話題に。著書に『本音の置き場所』(講談社)。twitter:@Barbie_Babiro

【峰なゆか】

漫画家。『アラサーちゃん 無修正』(全7巻)シリーズは累計70万部を突破。週刊SPA!で連載中の自伝的漫画『AV女優ちゃん』(既刊2巻、以下続刊)が発売中。女子SPA!で「アラサーちゃん名作集」と育児漫画「チャラいヒゲ、子を育てる」Twitter:@minenayuka

<Photos:Shuichi Yamakawa Interview:Mariko Uramoto Edit:Mariko Kimbara>

関連記事(外部サイト)