出産育児に夫がヒトゴトみたいな態度なら…どうする?バービー×峰なゆか

出産育児に夫がヒトゴトみたいな態度なら…どうする?バービー×峰なゆか

バービーさん(左)と峰なゆかさん(右)。バービーさんが即興で「開けチャクラ!」ポーズをつくってくれました。 Photo : Shuichi Yamakawa

お笑い芸人のみならず、コメンテーターや文筆でも活躍するフォーリンラブのバービーさん(37)。2021年4月、一般男性と結婚したことも話題になりました。

 そんなバービーさんと、漫画家の峰なゆかさん(36)はモード誌『Numero TOKYO』本誌で連載中。今回は、バービーさんが体や性、人間関係や恋愛、社会についてなど読者が抱えるモヤモヤを一緒に考える連載「開けチャクラ!バービーのモヤモヤ相談室」のゲストとして、峰なゆかさんが登場。

 漫画『アラサーちゃん』などで知られる峰さんは、2020年4月に結婚・出産を発表。女子SPA!でも育児漫画「チャラいヒゲ、子を育てる」を連載中です。

 読者から寄せられたお悩みを出発点にした2人の話は、Numero TOKYO公式チャンネルの動画にも収められています。前編に続き、後編のお悩み3つのうち、出産をめぐるもやもやについての対談を編集してお届けします。

◆出産・育児に、夫が他人事みたいな態度でモヤッ

──では質問です。

「かなり極端な言い方ですが、男性は身体的ダメージが全くなく、仕事を続けられるかどうかや給料が減る心配もなく、生活を変えずに、ある日突然かわいい赤ちゃんが現れてくれていいよなと思ってしまいます。出産・育児、仕事との両立について、自分と同じぐらい当事者意識を持って課題と重要性の認識をしてほしいです」(やなしー・32歳・会社員)という、出産後のパートナーへのモヤモヤです。

◆「お前、イクメン気取りか?」

峰なゆか(以下、M)「わかる〜。私も妊娠中は『ピュッピュ係がよかった』って言ってたんです」

バービー(以下、B)「(笑)」

──ほかの方の意見でも「身体の健康を害することなく、子どもを手にした夫が憎い」とか、「“俺もイクメンになっちゃおうかな”という発言に内心殺意を覚えました」とか、出産後に募るパートナーへのモヤモヤが結構ありまして。

M「え〜!我が家では“イクメン”って悪口として使ってるんですけど。『お前、イクメン気取りか?』みたいな」

──あとは「私が出産で苦しんでいる中、夫はオンラインゲームをしていた」とか、「女の人は、出産後のライフスタイルが変わるのに、何も変わらない夫にイライラします」とか。

M「子どもが生まれて夫のライフスタイルが何も変わらないことっていうのは防げると思いますね。

マターナル・ゲートキーピングという言葉があるんですけど、母親が赤ちゃんを大事に思うがあまり、夫が子供に触ることを拒んだり、あれはダメ、これはダメとかいろいろダメ出しして、自分で育児をやりすぎちゃうと夫はそれが普通になっちゃって、協力しなくなるっていう。

だから、私はそうしないようにめちゃくちゃ心がけてます。自分のやり方をおしつけないとか、抱っこ紐とか育児グッズは夫に全部選ばせるとか」

B「そうかぁ、誘導してあげなきゃダメなんだ」

◆出産前から、夫を「偉大なる父」と呼ぶ

M「そうなんですよ。してあげなきゃダメ。私は妊娠中、夫の携帯にパパ向けアプリを入れてました。『妊娠〇〇週目のママにはこうしてあげましょう』とかアナウンスしてくれるから。あと私は妊娠中から夫のこと“偉大なる父”って呼んでました」

──そうするとパートナーの意識は変わっていくものですか?

M「お腹に彼の耳を当てさせて私がアテレコで『偉大なる父〜。しゅき〜』とか胎児の声を代弁して、彼の父性を上げさせるように頑張りました。意味あるのかどうかわかんないんですけど(笑)。今もそう呼んでます。バービーさんはどうですか?」

B「夫はすごくいい人ではあるけど、こういう出産された方たちの声を聞くと、ちょっと不安になってきますね。夫が憎くなっちゃうのか……」

M「私の周りで子ども産んだ子はみんな夫のこと大嫌いな人ばっかりですよ。全然手伝ってくれないし、子どものほうがかわいいし、浮気相手にかわいい男の子も見つけたしって。

みんな夫のこと大嫌いなっちゃうから私もそうなるんだろうなと思ってて、そしたら離婚しようって思ってたんだけど嫌いにならなかった。でも、大嫌いになって普通。嫌いにならなかったらラッキーみたいな」

◆“出産 気絶”って検索して夫に見せている

──夫を嫌いにならないため、父性を育てるためにはほかにどんなことができますか?

M「パパママ教室に一緒に参加するとか、出産ビデオを見るとか、あと陣痛の痛さがわかる機械を体験してもらうとか」

B「確かにね。私も“出産 ショック”“出産 気絶”って検索して出てくる記事を夫に送ったりしてる」

M「それいい! いかに出産、育児が大変か伝えるのも大切ですよ。でも、なんでわざそんなことを女がしてやんなくちゃいけなくていけないんだって感じですけどね。こっちは妊娠してそれだけでも大変なのに、自分で調べろや!と思いますけど」

B「“子どもを育てていかなければいけない大黒柱としての責任もある”っていう男性側の意見ももちろんあると思うんだけど。女性側が家計を担ってる場合もあるし」

M「家計を担ってるからって育児をしなくていいわけじゃないですよ。子どもが生まれてから夫の給料は上がったのか?って。

今までの仕事にプラスして、土日はコンビニでバイトしたり、夜勤に警備員のバイトしたりして、もっと稼ごう!大黒柱として頑張ろう!ってやってるんならまだわかりますよ。なのに、なぜ今までと同じ仕事をしてるだけでそんなに偉そうにしているのか?って怒りが湧いてくるわけですよ」

B「とにかく、女性はめげずに妊娠・出産・育児の大変さを伝え続けましょう!

============

【バービー】

お笑いコンビ「フォーリンラブ」のメンバー。テレビ番組『ひるおび』のコメンテーターやラジオ番組『週末ノオト』のパーソナリティを務める。ピーチジョンとコラボした下着のプロデュースも話題に。著書に『本音の置き場所』(講談社)。twitter:@Barbie_Babiro

【峰なゆか】

漫画家。『アラサーちゃん 無修正』(全7巻)シリーズは累計70万部を突破。週刊SPA!で連載中の自伝的漫画『AV女優ちゃん』(既刊2巻、以下続刊)が発売中。女子SPA!で「アラサーちゃん名作集」と育児漫画「チャラいヒゲ、子を育てる」Twitter:@minenayuka

<Photos:Shuichi Yamakawa Interview:Mariko Uramoto Edit:Mariko Kimbara>

関連記事(外部サイト)