『おしゃれイズム』は2位。終了が残念なTV番組ランキング

『おしゃれイズム』は2位。終了が残念なTV番組ランキング

(画像:『おしゃれイズム』日本テレビ公式サイトより)

2021年10月のテレビ番組の改編では、民放各局で多くの番組が一挙に終了することが発表されました。人気番組が多く、終了を惜しむ声が多く聞こえます。

 そこで今回は、今年の秋の改編で終了してしまう(ただしレギュラー終了で特番化も含む)と「さびしい」「終わってしまうのは残念」だと思うテレビ番組について、30〜40代女性にアンケートを取ってみました(※)。

◆長寿番組の終了あいつぐ

===========

Q.秋の改編で終わってしまうのが残念なテレビ番組ランキング(複数回答)

同率9位 『あいつ今何してる?』 8%

同率9位 『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』 8%

8位 『超逆境クイズバトル!!99人の壁』 11%

7位 『パネルクイズ アタック25』 13.5%

6位 『ウチのガヤがすみません!』 16%

5位 『ぴったんこカン・カン』 23.5%

4位 『幸せ!ボンビーガール』 31.5%

===========

 7位には、1975年4月に放送を開始した『パネルクイズ アタック25』(ABCテレビ・テレビ朝日系)がランクイン。児玉清(享年77)、谷原章介(49)が司会を務めてきた当番組は、「テレビ離れが進む若年層の視聴率が伸び悩んでいる」という理由で46年もの歴史に幕を下ろします。今後は特番で復活してくれることを願います。

◆コロナ禍でロケができない影響も

 5位には、2003年4月に放送を開始した『ぴったんこカン・カン』(TBS系)がランクイン。安住紳一郎アナ(48)を司会に、グルメ料理巡りなどロケを主軸にした番組構成が人気でした。しかしコロナ禍でロケに出ることが難しく、「番組本来のパフォーマンスが出せなくなった」ことを理由に終了します。

 4位には、2011年4月に放送を開始した『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)がランクイン。水曜日の深夜枠で放送されていた時代を含めると、9年間もの歴史を持つ番組です。貧乏でも幸せに過ごす女性“ボンビーガール”を紹介してきましたが、最近は恋愛企画をスタートするなど路線を変えていました。

◆3位 『アナザースカイ』 32%

 今田耕司(55)を司会に据え、2008年10月に放送を開始した『アナザースカイ』。ゲストが海外の第二の故郷や憧れの地を訪れたロケVTRを見ながら、スタジオで思い出トークを繰り広げる人気番組です。

 ロケ地で両手をひろげ、“ここがわたしのアナザースカイ!”と叫ぶゲストの姿が印象的で、真似した方も多いのではないでしょうか。

 しかしコロナ禍でロケが叶わず、従来の番組形式を保てなかったことが番組終了の主な要因だそう。最近は国内ロケに切り替えていましたが、コロナ収束まで持ち堪えられませんでした。

 番組終了後は、賀来賢人(32)と伊藤健太郎(24)主演のドラマ『今日から俺は!!』の再放送が始まります。

◆2位 『おしゃれイズム』 33.5%

 2005年4月に放送を開始した『おしゃれイズム』は、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也(51)、藤木直人(49)、森泉(38)とゲストがトークを繰り広げる番組です。この番組は1971年に始まった初代番組『おしゃれ』から続く資生堂一社提供の番組枠で、当番組は第4弾目でした。

 後継番組として、俳優・山崎育三郎(35)が司会の『おしゃれクリップ』が始まります。その裏では、テレビ朝日でくりぃむしちゅーの新番組『くりぃむナンタラ』が始まるというから、すごい話です。

◆1位 『有吉反省会』 34.5%

 2013年4月に放送を開始した『有吉反省会』。有吉弘行(47)の冠番組で、バカリズム(45)、博多大吉(50)、オアシズ・大久保佳代子(50)、作家の岩井志麻子(56)ら豪華な面々がレギュラー出演しています。

 この番組は「反省したい芸能人」のゲストが過ちを告白し、悔い改めるという内容の人気番組でした。

 一部ネット報道では、不倫スキャンダルで活動休止中のアンジャッシュ・渡部建(48)が反省人として最終回に出演するという噂もありましたが、有吉はレギュラー出演中の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)や『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で真っ向否定。「するわけねーだろ!何で俺が助け舟出すんだよ」と言及しました。

 終了後は、新番組『千鳥かまいたちアワー』が始まります。

 以上、「秋の改編で終了してしまうと残念なテレビ番組」をご紹介しました。人気番組であってもコロナ禍での継続が不可能になった番組も多くあり、改めてこの時代の難しさを感じます。

 始まりがあれば終わりがあるもの、と分かっていても、親しみのある番組の終了はさみしいですね。

【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30〜40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2021年9月10日

有効回答者数:30〜40代女性200人

<文/るしやま>

関連記事(外部サイト)